格安スマホ・SIM大辞典

多数の格安SIMを価格・データ通信容量・通信速度・速度制限・音声通話・かけ放題オプションの有無・その他SIMごとの特徴などをもとに徹底比較・解説します。目的に合わせたおすすめプランの提案もあります。

格安SIM・スマホの比較評価を行っています

最近何かと巷で噂の格安SIM・スマホは価格が安いことが最大の特徴であり、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)と契約する場合と比較して月額料金を半額以下にすることも簡単です。

私の場合は月額2,000円前後で運用できていますので、かつてauで契約していたときと比較すると4分の1~3分の1くらいしか支払っていません。

私の格安SIM・スマホの請求金額です。
IIJmio(みおふぉん)のミニマムスタートプランを契約中。

スマホの使い方にもよりますが、大半の人は格安SIMにすることによって大きな節約効果があるはずです。

当サイトではそのような格安SIM・スマホに関して、

  • 格安SIM・スマホの基礎知識
  • 格安SIMごとの評価

などの解説を行っています。

格安SIMとは?

格安SIMは、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)からモバイル回線を大量に借りた事業者が、ユーザーに回線を又貸しするサービスのことです。

又貸しという言葉はちょっとアレですが、MVNO(Mobile Virtual Network Operator : 仮想移動体通信事業者)という正式な呼び方のある適切なサービスですので、怪しい事業というわけではありません。

数年前まではIT関連の情報に詳しい一部の人達だけが利用しているサービスだったのですが、ここ最近はテレビや雑誌などで取り上げられる機会が増えて有名になってきたことや、大企業が参入してきて大々的に販売を行っていることなどから、格安SIMは広く普及しつつあります。

格安SIMの特徴

とにかく安い

格安SIM最大の特徴はとにかく安いという点です。

大手キャリアでは毎月1万円近く払っている人でも格安SIMに乗り換えたら毎月の料金が半額以下になってしまうことはザラで、私の場合は毎月2,000円くらいしかかかっていません。

私の格安SIM・スマホの請求金額です。
IIJmio(みおふぉん)のミニマムスタートプランを契約中。

毎月100円や200円だけ安くなる程度だったらわざわざ格安SIMに乗り換えようという気は起きないかもしれませんが、スマホの維持費がこれだけ安くなるのであれば俄然興味が湧いてくるのではないでしょうか?

iPhoneが約7万円も安い

iPhoneを使うときは大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)で2年間契約する場合と比較して格安SIMの方が約7万円も安くなります。

格安SIMでiPhoneを約7万円安く使う方法
iPhoneは大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)で契約すると毎月かなりの料金を取られてしまいますが、一方で格安SIMなら毎月の出費をかなり抑えることが可能です。結...

もちろん契約する料金プランなどによって多少の前後はありますが、人気が高いけれど維持費も高いiPhoneを安く持てるメリットは計り知れません。

Androidが約10万円も安い

また、Androidを使うときは大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)で2年間契約する場合と比較して格安SIMの方が約10万円も安くなります

格安SIMでAndroidを約10万円安く使う方法
大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)では非常に高価なAndroid端末ばかりを扱っているためなかなか気が付かないかもしれませんが、大手キャリア・格安SIMを問わずに...

機種により異なるとはいえ、安くスマホを持ちたいなら「格安SIM × Android」で決まりです。

料金体系が分かりやすい

格安SIMはシンプルな料金体系による明朗会計も売りの一つです。

料金プランやオプションはとても単純明快な仕組みとなっているので自分で能動的に選んだプラン・オプション以外に自動的に加入してしまう(加入しなければならない)ことは皆無であり、大手キャリアで悪名高い2年縛り・自動更新なども基本的には存在しません(一部の格安SIMには存在する場合があります)。

大手キャリアだと割引にややこしい適用条件があったり不要なオプションを契約しなければならなかったりすることが多く、普通にスマホを持つだけでも非常に複雑にカスタマイズされた料金プランになってしまいがちです。

ユーザーがその契約内容をきちんと把握するのは極めて困難ですし、場合によってはキャリアショップの店員さんでさえ正確に理解できていないこともあります。

そのせいで発生する様々なトラブルについての話題を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。

格安SIMに乗り換えれば、理解不能な料金体系やそれに起因するトラブルとは無縁です。

大手企業の運営で安心

「格安」SIMと言われると「安かろう、悪かろう」をイメージしてしまうかもしれません。

しかし、現在多くのユーザー数を抱えている格安SIMは誰もが名前を聞いたことがある大企業や、その沿革を聞けば安心できるような社会的な信頼性の高い企業がほとんどです。

例えば代表的な格安SIMと運営企業は以下の通りです。

格安SIMを運営する企業
格安SIM 運営企業
IIJmio 株式会社インターネット
イニシアティブ
東証一部上場済。
日本初の商用インターネットサービスプロバイダである他、
法人向けのデータセンターやSI事業が主要事業。
楽天モバイル 楽天株式会社 ネット通販の楽天市場やプロ野球球団が有名。
LINEモバイル LINE株式会社 メッセージアプリのLINEが有名。
mineo 株式会社
ケイ・オプティコム
関西電力の完全子会社(100%出資)
BIGLOBE SIM ビッグローブ株式会社 ポータルサイトやインターネットサービスプロバイダの
BIGLOBEが有名。
もともとNECから分社し、後にNECグループから独立。
2017年1月31日よりauのKDDI株式会社の完全子会社。
OCNモバイルONE NTT
コミュニケーションズ
株式会社
ポータルサイトやインターネットサービスプロバイダの
OCNが有名。
NTTのグループ企業。

いずれの企業も「格安」という言葉から連想される悪いイメージを払拭してくれるくらいのネームバリューはあるのではないかと思います。

サービスが限られている

以上のように、料金体系がシンプルで安い上に大手企業の安心感がある格安SIMですが、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)と比べるとサービスの内容は限定的で、以下のようなデメリットが存在します。

  • 申し込みはウェブサイトから(一部の格安SIMを除く)
  • 支払いはクレジットカードのみが多い(クレジットカード不要の格安SIMはこちら)
  • キャリアメールが使えなくなる
  • 混雑時(お昼休み・夕方~夜間など)は通信速度が低下しやすい
  • 実店舗がない(一部の格安SIMを除く)
  • トラブル対応は電話・メール・チャットのみ

これらは料金を下げるために削られたサービスですので、格安SIMの安さを考えるとある意味当然のことだと思います。

しかし、大手キャリアの至れり尽くせりのサービスを当たり前と思っていると思わぬところで足元をすくわれかねませんので注意が必要です。

格安SIMの選び方

格安SIMはとても沢山の種類があるため、ひとつひとつ特徴を吟味していったのではいつまでたっても契約すべきものを見つけることができません。

従って、自分がスマホをどのように使いたいのか・優先したい(絶対に欲しい)機能は何なのか?という視点から目的に合う格安SIMを探すのが効率的です。

以下の記事では当サイトで評価済みの格安SIMを目的別(用途別)に分類していますので、参考にしてみて下さい。

格安SIM・スマホのおすすめの選び方とは?
格安SIMは自社で回線設備を持つ必要がなく参入するための敷居が低いことから、近年ものすごい勢いで数が増えています。正確な数は分かりませんが、格安SIM事業を手掛け...

格安SIMへ乗り換える方法(MNP転入)

大手キャリアから乗り換えたい格安SIMが決まったら、実際にMNP転入の手続きを行います。

2年毎にドコモ・au・ソフトバンクを行ったり来たりしていた人ならおおよその手続きは理解されていると思いますが、格安SIMへMNPするときには大手キャリア間のMNPでは必要のなかった手順も登場しますので、以下の解説を参考にしてみて下さい。

また、主要な格安SIMについては個別にMNP転入の手順を解説しています。

格安SIMを更に安く使う方法

格安SIMの最大の特徴は月額料金が安いことである、というのはここまでに何度も述べた通りです。

しかし、実は格安SIMを更に安く使える裏技のような方法が存在しますので合わせて紹介します。

格安SIM・スマホの月額料金が更に安くなる方法・裏技
格安SIMは大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)と異なり非常に安い月額料金でスマホを維持できることが最大の特徴です。スマホの使い方にもよりますが、大手キャリア...

誰でも簡単に実践できる方法でありながら、月500~1,000円以上を安くできるため重宝すると思います。

格安SIM・スマホについての解説

格安SIM・スマホの評価

2017/04/03