格安スマホ・SIM大辞典

多数の格安SIMを価格・データ通信容量・通信速度・速度制限・音声通話・かけ放題オプションの有無・その他SIMごとの特徴などをもとに徹底比較・解説します。目的に合わせたおすすめプランの提案もあります。

b-mobile(ビーモバイル)の口コミ評価

基本情報

b-mobileの基本情報
サービス名 b-mobile(ビーモバイル)
運営会社 日本通信株式会社
回線 ドコモ回線のみ
データプラン ・おかわりSIM(従量課金制) : 1~5GB/月(1GB刻み)
・25GB/定額 : 25GB/月
・VAIO Phone限定 : 1GB/月・無制限
月額料金 データ専用SIM : 500円/月~
SMS付きSIM : 630円/月~
音声付きSIM : 1,300円/月~
(VAIO Phone限定プランを除く)
最低利用期間 開通日から少なくとも5ヶ月間(音声付きSIMのみ)
違約金 最低利用期間未満の解約等で8,000円(音声付きSIMのみ)
通話料金 20円/30秒(通常)
10円/30秒(専用アプリ「b-mobile電話」使用時)
通話定額
オプション
3分かけ放題(1日50回まで) : 500円/月
通信速度 高速通信時 : 下り最大150Mbps・上り最大50Mbps
低速通信時 : 上下最大200kbps
※おかわりSIMの場合。他プランは記載がないので不明
通信速度の
制御
高速通信のON/OFFは切り替え可能
iOS : 会員専用ページの「My b-mobile」から
Android : 専用アプリ「Turbo Charge」から
速度制限 高速通信時はなし
低速通信時のみ、360MB/3日
データ容量の
繰り越し
不可
データ容量の
追加
100MB/300円
500MB/1,200円
SIMカードの
追加
不可
2枚以上欲しいときは2回線以上の契約が必要
支払い方法 クレジットカードのみ(デビットカードやVプリカは不可)
年齢制限 未成年は契約不可

b-mobileのここがおすすめ

  • おかわりSIM(従量課金制プラン)の価格設定が分かりやすい
  • 大容量の25GB/月を他社の格安SIMよりも大幅に安く使える
  • 最低利用期間が短い

b-mobileのここが微妙

  • 運営会社が事業売却をするので先行き不透明(U-mobileの株式会社U-NEXTへ売却予定)
  • VAIO Phone限定プランは微妙
  • 高速通信時でも150Mbpsなので他社の格安SIMよりちょっと遅い
  • 余ったデータ容量を繰り越しできない(定額25GB)

プラン・料金

b-mobileのプラン・料金は以下の通りです。

b-mobileのプラン・料金
プラン データ容量 SIMカード・月額料金
データ専用
(SMSなし)
SMS付き 音声付き
おかわりSIM
(従量課金制)
1GB/月まで 500円/月 630円/月 1,300円/月
2GB/月まで 750円/月 880円/月 1,550円/月
3GB/月まで 1,000円/月 1,130円/月 1,800円/月
4GB/月まで 1,250円/月 1,380円/月 2,050円/月
5GB/月まで 1,500円/月 1,630円/月 2,300円/月
25GB定額 25GB/月 2,380円/月 2,510円/月 3,180円/月
ライトプラン
(VAIO Phone限定)
1GB/月 - - 980円/月
高速定額
(VAIO Phone限定)
無制限 - - 1,980円/月

VAIO Phone限定の2つのプラン(ライトプラン・高速定額)は微妙(詳細は後述)なのですが、分かりやすい料金体系で長期的にはお得に利用できる「おかわりSIM」と25GB/月の大容量を他社の格安SIMよりも圧倒的に安い価格で使える「25GB定額」は魅力的なプランです。

おかわりSIMの5GB/月から25GB定額の25GB/月まで間が空いてしまっている(7GB/月・10GB/月・15GB/月などのプランがない)のがちょっと惜しいですが、それを差し引いても優秀なプラン設定がなされていると感じます。

なお、誰でも契約することができ高速通信を無制限で使うことができた「高速定額」(VAIO Phone限定プランとは別のプラン)は2016年10月31日(水)をもって販売停止となったため、現在は契約することができません。

メリット

使いやすいプランがある

b-mobileには3つのプランがありますが、そのうち「おかわりSIM」と「25GB定額」は使いやすい内容となっています。

おかわりSIM

従量課金制のプランであり、実際に使用したデータ容量に応じて1~5GBまで1GB刻みで料金が変わります。

従量課金制というと使い過ぎると逆に高くなってしまうイメージがあるかもしれませんが、

  • 使用するデータ容量は毎月上下するのが普通
  • 定額プランは余裕を持ったデータ容量を契約するものなので無駄が多い(余計にお金を払っている可能性が高い)
  • おかわりSIMは最大5GBまでなので使い過ぎることがない

といった理由により、たまに普段よりも高め請求金額になる月があったとしてもトータルでは確実に得することができます。

また、データ使用量と月額料金の関係が250円/1GBなので、安価かつ分かりやすいというメリットもあります。

もし最低の月1GB未満に挑戦したいなら、b-mobileと契約したらすぐに高速通信をOFFにしてしまえば以降は高速通信量が増えることはないので簡単に月1GB未満を達成できます。

高速通信をOFFにすると常時低速(200kbps)になってしまいますが、月1GB未満を目指そうとするほどデータ通信を行わない人なら特に支障はないと思います。

参考 : 段階定額制(従量課金制)プランのある格安SIM

25GB定額

25GB/月の大容量を、2,380円/月から使える25GB定額も衝撃的です。

通話SIMであっても3,180円/月という安さであり、これは他社の格安SIMの大容量プラン(概ね4,000~5,000円/月くらい)と比べても破格の安さです。

自宅・学校・職場周辺の通信状況が良くしっかりと速度が出るようであれば、安価で固定回線の代わりとして使うことができるため大変魅力のあるプランだと思います。

参考 : 高速通信データ容量が月10GB超~20GBまでの格安SIM
参考 : 高速通信データ容量が月20GB超の大容量の格安SIM

「b-mobile電話」で通話料半額

b-mobileは他社の格安SIMと同様、無料通話が一切なく20円/30秒という高額の通話料がかかります。

そのため、長電話をする人は通話料が高額になりがちで、使い方によっては月額料金と通話料を合わせると大手キャリアと同じくらいの請求金額になってしまう可能性すらあり危険です。

しかし、b-mobileには「b-mobile電話」という専用の無料アプリがあり、このアプリで通話することで通話料を半額(10円/30秒)に抑えることができます。

b-mobile電話
b-mobile電話
無料
posted with アプリーチ

b-mobile電話はIP電話の類ではないのでデータ容量を消費することはありません(電話回線を使用する)し、発信番号も契約中の携帯電話番号(090・080~)のままなので相手に不審がられる心配もありません(IP電話だと050~になってしまう)。

IP電話では不可能な緊急通報(110や119など)を行うことも可能です。

また、インストールするとスマホ標準の電話帳の内容を丸ごと同期してくれるので電話帳移行の手間もなくすぐに使うことができます。

非常に使いやすく且つ有益なアプリなので「b-mobile電話を使うと通話料半額」というよりもむしろ「b-mobile電話を使わないと通話料2倍」という感じですので、b-mobileと契約したら真っ先にインストールするようにしましょう。

かけ放題オプションがある

b-mobile電話にはかけ放題オプションがあり、月額500円で3分までの電話なら1日50回まで通話料無料となります。

仕事のやりとりのために短い確認・報告などの電話を何度も繰り返すことが多い人は加入しておいた方が良いと思います。

無料通話時間を超えた分については10円/30秒の通話料がかかります。

家族や友人との電話が多いようであれば何時間かけても通話料無料のLINE電話の活用で事足りますので加入する意味はほとんどありません。

LINE(ライン) - 無料通話・メールアプリ
LINE(ライン) - 無料通話・メールアプリ
開発元:LINE Corporation
無料
posted with アプリーチ

参考 : かけ放題・無料通話オプションがある格安SIM

高速通信時は速度制限なし

一般的に大手キャリアや他の格安SIMでは、直近の3日間に通信したデータ量が一定以上になると、高速通信可能なデータ容量が残っていたとしても速度制限がかかって低速での通信を余儀なくされていまいます。

しかし、FREETELの高速通信中はデータ容量が尽きない限りどんなに大量の通信を行っても速度制限がかかることがないため、常に快適にインターネットを利用することができます。

これは全てのプランに適用されており、データ容量の多寡は関係ありません。

ただし、

  • データ容量の残量がないとき
  • 高速通信をOFFにしているとき

は高速通信できませんので回線速度は200kbpsとなりますし、3日間で360MB以上のデータ通信を行うといわゆる「3日間制限」が発生し回線速度が著しく落ちてしまう点には注意が必要です。

また、ファイル交換ソフト(P2P)の使用や長時間の動画再生などで大量のデータ通信をした場合には別途通信制限がかかることもあるようですが、常識的な使い方をしている限りは心配ないと思います。

参考 : 格安SIMごとの速度制限基準の一覧

高速通信のON/OFFを切り替え出来る

b-mobileと契約した後、Androidについては「Turbo Charge」という専用アプリをインストールすることで、高速通信のON/OFFを自由に切り替えられるようになります

Turbo Charge
Turbo Charge
無料
posted with アプリーチ

後述の通りb-mobileは低速通信でも通信速度が速いですので、LINE・メール・ニュース記事の閲覧といったテキスト主体のデータ通信のときはOFFに、動画閲覧やゲームのときはONにするなど、通信内容に合わせて高速通信のON/OFFを使い分けることでデータ容量を大幅に節約することが可能となります。

また、現在どのくらいのデータ容量が残っているのかを確認することもでき、計画的なデータ容量の使い方を検討する際にも役に立ちます。

もし、おかわりSIMの最低ラインである月1GB未満で運用するつもりなら、SIMカードを挿入して当アプリをインストールしたらすぐに高速通信をOFFにしてしまうのが良いと思います。

そうすればデータ容量がカウントされることはありませんので簡単に目標を達成することができます。

iOSはマイページから

ただし、アプリ「Turbo Charge」があるのはAndroidのみですので、iOSで高速通信のON/OFFの切り替えや通信量を確認したいときは会員専用ページの「My b-mobile」へアクセスしなければなりません。

ログインした後に設定変更や閲覧をするだけとはいえ、こまめにON/OFFを切り替えるような運用をしているときにはちょっと面倒かもしれません。

低速通信でも速い

大手キャリアでは3日間制限などにより低速通信状態になると回線速度が128kbpsまで低下してしまいますが、b-mobileでは低速通信状態でも200kbpsとなります。

ものすごく速いというわけではないものの、大手キャリアの約1.5倍の回線速度もの速さをとなります。

また、低速通信時においては画像データなどを圧縮した上で表示する「Webアクセラレータ」が適用となるため、JPEGやGIFなどの画像データの画質は落ちてしまいますがwebブラウジングの体感速度が向上する効果があります。

これらの「200kbps」と「Webアクセラレータ」のおかげで、矛盾した表現ではありますがb-mobileは「低速通信でも速い」と言えます。

参考 : 高速通信のON/OFFを切り替えられる格安SIM

最低利用期間が短い

最低利用期間は大手キャリアでは2年、格安SIMでは1年に設定されていることが多いです。

そんな中、b-mobileの最低利用期間は「開通日から少なくとも5ヶ月間」とかなり短めです。

他社の半分以下の期間ですので、万が一b-mobileを使いづらいと感じたとしても少し我慢すれば違約金なしで解約できるというのは、大きなメリットだと思います。

また、違約金自体も8,000円と大手キャリアや他社の格安SIMよりも安い金額に設定されているため、どうしても最低利用期間が経過するまで我慢できそうになければ出費覚悟でMNP転出してしまうのも一つの方法ではないでしょうか。

なお、最低利用期間や違約金は通話SIMだけのルールなので、データ専用SIMは最低利用期間・違約金ともに存在しません(ただし、契約は1ヶ月単位です)。

iPhoneが使える

自分でiPhoneを持ち込めば、b-mobileでもiPhoneを使うことができます。

b-mobileの回線はドコモの回線なので、

  • ドコモのiPhone(SIMロック解除不要)
  • au・ソフトバンクのiPhone(要SIMロック解除)
  • 最初からSIMフリーのiPhone

を使うことができます。

ドコモの場合はSIMロック解除が不要なので過去に発売された全ての機種を使えます。

au・ソフトバンクはSIMロック解除が必須なので、実質的に6s/6s Plus/7/7Plusの4機種のみの対応となります(2015年5月以前に発売されたiPhoneはSIMロック解除できないため)。

参考 : 格安SIMでiPhoneを約7万円安く使う方法

デメリット

運営会社が格安SIM事業から撤退

b-mobileを運営しているのは日本通信株式会社です。

  • 設立年月日 : 1996年5月24日
  • 資本金 : 3,251,585,585円 (2016年11月30日現在)
  • 従業員数 : 123名(2016年3月31日現在、連結子会社・臨時従業員含む)
  • 上場証券取引所 : 東京証券取引所 市場第一部 (証券コード:9424)

日本通信は日本における格安SIM(MVNO)事業の先駆けであり現在の格安SIMの礎を築いた企業なのですが、ここ最近の他社との激しい競争の結果、2016年内をもって格安SIM事業から撤退することが決定となりました。

日本通信、個人向け格安スマホから撤退 U-NEXTに売却

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO05946610Q6A810C1TI1000/

撤退と言っても格安SIM事業が完全に廃止となるわけではなくU-mobile(ユーモバイル)を運営している株式会社U-NEXTへ売却が行われる予定ですので、b-mobileで契約したSIMカードが使えなくなってしまうことはないと思います。

しかし、b-mobileで契約したプランが売却後もそのまま残るのか、u-mobileのプランへの移行を迫られるのかなどの詳細は不明(今後詰めるとのこと)です。

そのあたりの情報は今後の続報を待つしかないのですが、先行きが不透明な現状ではb-mobileを契約するのを躊躇ってしまう理由になるのではないでしょうか。

VAIO Phone限定プランは微妙

b-mobileでは、b-mobileで販売中のVAIO Phoneでのみ使える特別プランが用意されています。

  • ライトプラン(1GB/月) : 980円/月
  • 高速定額プラン(無制限) : 1,980円/月

どちらも通話SIMでありながら格安の月額料金であるため非常に魅力的なプランなのですが、如何せんVAIO Phone限定というのが非常にネックです。

VAIO Phoneは48,000円と高価なので購入するのを躊躇ってしまいますし、VAIO Phone自体はSIMフリースマホであるものの限定プランで配布されるSIMカードはVAIO Phoneに挿入したとき以外は使えないため、とりあえずVAIO Phoneと上記限定プランをセットで契約した後にVAIO Phoneだけを速攻で(ヤフオク・メルカリなどで)売り払うという方法は使えません。

また、VAIO Phoneはテザリングを使えるので無制限プランを契約してモバイルルーターとして長期運用する方法もありますが、その場合はVAIO Phoneが壊れたときが面倒です(他のスマホではSIMカードを使えないので、絶対に修理しなければならない。無償修理期間は1年だけだし、期間内でも無条件で無料修理ではないはず)。

よって、残念ながらVAIO Phone限定プランは使い勝手が良いプランだとは言えません。

高速通信速度がちょっと遅い

他社の格安SIMもほとんどはドコモの回線を使っており、高速通信時には少なくとも下り200Mbps以上のスピードが出るのが普通で、速い場合には300Mbpsを超えることもあります。

しかし、同じくドコモ回線を使っているb-mobileでは高速通信時でも下り150Mbpsであり、一般的なドコモ回線の格安SIMよりも通信速度がちょっと遅めに設定されています。

150Mbpsでも十分に高速とは言え、他社との速度の差はどうしても気になってしまいます。

もしかしたら、b-mobileにはVAIO Phone限定の高速定額プラン(無制限に高速通信が可能)があることから、この分の帯域を確保するために他のプランの回線速度の上限を下げているのかもしれません。

余ったデータ容量を繰り越しできない

b-mobileの25GB定額プラン・ライトプラン(1GB/月、VAIO Phone限定)、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)や他社の格安SIMを含めて極めて一般的となっている「余ったデータ容量の翌月への繰り越し」を行うことはできません。

文字通り、当月に使えるデータ容量を当月中に使い切れなかった場合には、全て消滅してしまうという意味です。

携帯電話における「繰り越し」はもともと大手キャリアで無料通話を翌月に繰り越せるようになったのが起源だったと記憶しています。

出てきた当時(いつだったかまでは覚えていません)は画期的過ぎてありがたいと思ったものですが、今では極々当たり前の制度のひとつです。

にも関わらず、b-mobileでは繰り越しができないというのはハッキリ言って異常だと思います。

何を考えてこのような制度設計を思い付いたのか皆目検討が尽きません。

サービスを提供する側としては各ユーザーごとのデータ容量は少ない方が良いというのは分かりますが、他社では当然のように行われている繰り越しができないことによるデメリットの方が遥かに大きいからです。

いずれにしても、b-mobileの評価を下げてしまう大きな原因になっていることには間違いないでしょう。

参考 : 高速通信データ容量を繰り越しできる格安SIM

追加SIMなし

b-mobileには25GB定額プラン(25GB/月)があるので、スマホだけでなくタブレットなどの併用もできると良いのですが、SIMカードは1契約につき1枚までであり追加発行することは不可能なので、複数機器を同時に運用したいときはテザリングで頑張るしかありません。

テザリング自体はスマホを即席のモバイルルーターとして使えるため非常に便利な機能です。

しかし、常時テザリング状態にしているとバッテリーの消費が激しすぎるため、常にバッテリーの残量に気を付けなければならず、モバイルバッテリーも一緒に持ち歩くなどの余計な負担が増えてしまいます。

追加SIMカードがあればメインのスマホとモバイルルータ(もしくはテザリング専用のスマホ)のそれぞれにSIMカードを挿して用途を分けることができたのですが、b-mobileではそのような運用を行うことはできないのです。

もちろん、2回線以上を契約すれば2枚以上のSIMカードを持つことができますが、その場合は2回線分の月額料金がかかってしまうため実用的とは言えません。

参考 : 複数枚の追加SIMカードを持てる格安SIM

支払い方法はクレジットカードのみ

支払い方法はクレジットカードのみとなっており、大手キャリアのような口座振替・請求書・インターネットバンキング(Pay-easy)などには一切対応していません。

クレジットカードと同じように使えるデビットカードやVプリカ(プリペイドカード)にも未対応です(デビットカードはダメと明示あり)。

フルタイムで勤めている人なら正規・非正規に関わらず簡単にクレジットカードを発行できる(カードによりますが)ので普通に仕事をしているなら全く問題になることはないと思いますが、専業主婦・学生・自己破産者などは結構厳しいかもしれません。

どうしてもクレジットカードを発行できないときは以下のようなデビットカードで契約できる格安SIMを検討してみましょう。

参考 : クレジットカード以外の支払い方法がある格安SIM

2018/02/07