格安スマホ・SIM大辞典

多数の格安SIMを価格・データ通信容量・通信速度・速度制限・音声通話・かけ放題オプションの有無・その他SIMごとの特徴などをもとに徹底比較・解説します。目的に合わせたおすすめプランの提案もあります。

DTI SIMの口コミ評価

基本情報

DTI SIMの基本情報
サービス名 DTI SIM
運営会社 株式会社ドリーム・トレイン・インターネット(略称DTI)
回線 ドコモ回線のみ
データプラン 1GB・3GB・5GB・10GB・15GB・20GB
ネットつかい放題(無制限)
月額料金 データ専用SIM : 600円/月~
SMS付きSIM : 750円/月~
音声付きSIM : 1,200円/月~
(お試しプランを除く)
最低利用期間 12ヶ月間(通話SIMのみ)
違約金 最低利用期間未満の解約等で9,800円(通話SIMのみ)
通話料金 20円/30秒
通話定額
オプション
5分かけ放題 : 780円/月
通信速度 高速通信時 : 下り最大225Mbps・上り最大50Mbps
低速通信時 : 上下最大200kbps
※ネットつかい放題プランはサイト上に明記されていないので不明
通信速度の
制御
高速通信のON/OFFは不可
速度制限 700MB/3日 : 1GBプラン
2GB/3日 : 3GB・5GB・10GB・15GB・半年お試し・でんわ定額・ノーカウントプラン
2.5GB/3日 : 20GBプラン
※ネットつかい放題プランは他の利用者の平均通信量を大きく超えると規制がかかる
データ容量の
繰り越し
翌月まで可能※お試しプランの1~6ヶ月目とノーカウントプランは不可
データ容量の
追加
500MB/380円
1GB/600円
SIMカードの
追加
不可
2枚以上欲しいときは2回線以上の契約が必要
支払い方法 クレジットカードのみ(デビットカードやVプリカは不可)
年齢制限 不明だが、決済方法がクレジットカードのみなので
少なくともクレジットカードを持てない年齢(18歳未満)だと契約不可

DTI SIMのここがおすすめ

  • データ専用SIM(SMSありを含む)のお試しプランは6ヶ月間無料
  • 月10GB以下のプランが安価

DTI SIMのここが微妙

  • 通話料半額アプリがないので通話料が高い
    (誰でも通話料を半額にする方法は後述の通り)
  • 月10GB超のプランは割高
  • MNP転出手数料が高い(5,000円)
  • ネットつかい放題プランの通信速度が不明・速度規制の基準が極めて曖昧

プラン・料金

お試しプラン

DTI SIMのお試しプランの内容は以下の通りです。

DTI SIMの料金(お試しプラン)
プラン データ容量 SIMカード 月額料金
1~6ヶ月目 7ヶ月目以降
データ半年お試しプラン 3GB 3GB/月 データ専用 0円 840円
データSMS半年お試しプラン 3GB 3GB/月 データSMS 0円 990円
でんわ定額プラン 3GB
(5分かけ放題オプションを含む)
3GB/月 通話SIM 1,480円 2,270円

DTI SIMを初めて契約する人のみが選べるプランであるため1~6ヶ月目の月額料金が通常よりも大幅に安く設定されており、データ専用だとなんと0円で使えてしまいます。

7ヶ月目以降も3GB/月の通常プランよりも若干安いため、3GB/月のデータSIMが欲しい人は狙い目です。

でんわ定額プラン(通話SIM)は3GB/月のデータ容量と本体月額780円の5分かけ放題オプションがセットになっているにも関わらず3GB/月の通常プランよりも安いため一見するとお得に見えます。

しかし、かけ放題オプションが欲しいくらい電話を頻繁にかける人には通話料半額アプリがない点がネックになります(5分超過後の通話料が高いため)し、あまり通話をしない人にはかけ放題オプションは不要であるため、どちらにしても全くオススメできないプランとなってします(詳細は後述)。

通常プラン

DTI SIMの通常プランの内容は以下の通りです。

DTI SIMの料金(通常プラン)
データ容量 SIMカード・月額料金
データ専用 データSNS 通話SIM
1GB/月 600円/月 750円/月 1,200円/月
3GB/月 840円/月 990円/月 1,490円/月
5GB/月 1,220円/月 1,370円/月 1,920円/月
10GB/月 2,100円/月 2,250円/月 2,800円/月
15GB/月 3,600円/月 3,750円/月 4,300円/月
20GB/月 4,850円/月 5,100円/月 5,550円/月
ネットつかい放題
(無制限)
2,200円/月 2,350円/月 2,900円/月

データ容量が10GB以下のプランは安価に設定されているためデータ専用SIM(SMSありも含む)の10GB以下のプランはおすすめですが、10GBを超えると他社の格安SIMの方が安価になってしまいます。

また、ネットつかい放題プランは、

  • 通信速度が不明(公式サイトに明記されていない)
  • 速度制限の基準が非常に曖昧

であるため、怖くて使えないと思います(詳細は後述)。

参考 : 格安SIMごとの速度制限基準の一覧

通話SIMについては楽天でんわまたはG-Callを併用すれば誰でも通話料が半額(10円/30秒)になるので悪くはないと思います(楽天でんわとG-Callの違いについてはこちら)。

ノーカウントプラン

DTI SIMのノーカウントプランの内容は以下の通りです。

DTI SIMの料金(ノーカウントプラン)
データ容量 SIMカード・月額料金
データ専用 データSNS 通話SIM
5GB/月 1,220円/月 1,370円/月 1,920円/月

2018年1月31日までポケモンGOのデータ通信でデータ容量を消費しない「カウントフリー」機能が付いており、しかも5GB/月の通常プランと月額料金が全く同じなので一見するとお得に思えます。

しかし、

  • 余った分・購入分ともにデータ容量は繰り越し不可である
  • ポケモンGOはあまりデータ容量を消費しない(GoogleMapはカウントフリーの対象外であるため)

という理由により、5GB/月の通常プランでデータ容量を繰り越ししながらプレイする方が良いです。

参考 : カウントフリー機能のある格安SIM

メリット

データ通信がおすすめ

DTI SIMでオススメしたいプランはデータ容量10GB以下のデータ通信(SMSありも含む)のSIMカードです。

10GB以下なら他社の格安SIMと比較しても安価なので使いやすいですし、初めてDTI SIMを契約するなら6ヶ月もの間3GBを無料で使えるお試しプランも良いと思います。

しかし、10GBを超えると楽天モバイルDMMモバイルの方が安くなってきますので、DTI SIMはあまりおすすめしません。

参考 : 高速通信データ容量が月8~10GBまでの格安SIM
参考 : 高速通信データ容量が月10GB超~20GBまでの格安SIM
参考 : 高速通信データ容量が月20GB超の大容量の格安SIM

余ったデータは翌月に繰り越しできる

割り当てられたデータ容量をひと月の間に使い切れないときは全て翌月に繰り越すことができます。

繰り越した分を更に翌月まで繰り越すことはできません(繰り越せるのはひと月だけ)が、繰り越し分から優先的に消費されるようになっているので大抵の場合は繰り越した分が無駄になってしまうことはまずないと思います。

ただし、

  • お試しプランの1~6ヶ月目
  • ノーカウントプラン(ノーカウント提供期間中のみ)

については繰り越し不可となっているため、月が変わる時点で余っているデータ容量は全て消失してしまいます。

特に、ノーカウントプランは購入分も含めて繰り越しできないため注意が必要です。

通常プランの「ネットつかい放題」は無制限に通信することができ「毎月のデータ容量」という考え方がないので、追加データ容量を購入することもできませんし繰り越しも存在しません。

参考 : 高速通信データ容量を繰り越しできる格安SIM

iPhoneが使える

自分でiPhoneを持ち込めば、DTI SIMでもiPhoneを使うことができます。

DTI SIMの回線はドコモの回線なので、

  • ドコモのiPhone(SIMロック解除不要)
  • au・ソフトバンクのiPhone(要SIMロック解除)
  • 最初からSIMフリーのiPhone

を使うことができます。

ドコモの場合はSIMロック解除が不要なので過去に発売された全ての機種を使えます。

au・ソフトバンクはSIMロック解除が必須なので、実質的に6s/6s Plus/7/7Plusの4機種のみの対応となります(2015年5月以前に発売されたiPhoneはSIMロック解除できないため)。

なお、DTI SIMではオプションとしてiPhone6s(16GB)のレンタルも行われています(2016年12月現在)が、レンタルするぐらいならヤフオクやメルカリなどで中古のiPhoneを購入することをオススメします(詳細は後述)。

参考 : 格安SIMでiPhoneを約7万円安く使う方法

運営企業に実績があるので安心

DTI SIMを運営しているのは株式会社ドリーム・トレイン・インターネット(略称DTI)です。

  • 設立年月日 : 1986年2月4日
  • 資本金 : 4億9千万円

個人向けサービスとしてはインターネットサービスプロバイダの「DTI」が有名ですので、普段からインターネットを使う機会が多い人なら一度くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。

主な事業がプロバイダであることからネットワーク関連の技術力に関しては全く問題ありませんし、親会社は東証一部上場済(証券コード : 3843)のフリービット株式会社なので企業としての信頼性も十分です。

従って、安心・安全な格安SIMを使いたいならDTI SIMは最適な選択肢のうちの一つであると言えます。

デメリット

各プランに癖がある

お試しプラン

初めてDTI SIMを契約する人だけが利用することができるお試しプランのうち、データ通信(SMSありも含む)のみのプランは6ヶ月も無料で3GB/月の通信をできるため非常にオススメです。

一方、通話SIMである「でんわ定額プラン」は非常に微妙です。

というのも、でんわ定額プランは5分かけ放題オプションを使えるのにその分の費用がかからないという素晴らしいプランなのですが、DTI SIMは通話料半額アプリがないため、5分かけ放題オプションを必要としている人(= 電話をかける機会が多い人)が利用すると通話料が高額になってしまう可能性が高いからです。

じゃあ、通話をほとんどしない人が「5分かけ放題オプションが付いている分だけ何となくお得だから」という理由で使うのは良いかと言うと、そんなことはありません。

7ヶ月目以降は5分かけ放題オプションの費用も上乗せしてきっちり請求されるようになってしまいますし、「でんわ定額プラン」は通話SIMと5分かけ放題オプションのセット販売なので、そのままではオプションだけを外すことはできないからです。

5分かけ放題オプションを外すためには、

  1. 「でんわ定額プラン」から通常プランへプラン変更を行う
  2. 1.により、セット販売が解除され、通常プラン + オプションという契約形態となる
  3. 5分かけ放題オプションのみを解約する

という面倒臭い手順を踏まなければなりませんので、7ヶ月目以降に5分かけ放題オプションを解約するつもりでいるなら最初から「でんわ定額プラン」を契約するべきではないのです。

そもそも、

  • かけ放題が必要な人 : かけ放題があっても5分以降の通話料が高い(半額アプリがない)ので、他社の格安SIMの方が良い
    (参考 : かけ放題・無料通話オプションがある格安SIM)
  • かけ放題が不要な人 : かけ放題が不要なので「でんわ定額プラン」を契約する意味がない

という理由により、かけ放題の要・不要に関わらず「でんわ定額プラン」は使いにくいプランであると言わざるを得ません。

なお、誰でも通話料を半額(10円/30秒)にできるまたはG-Callとの併用も困難です。

何故ならかけ放題が有効になるのは普通に電話を発信したときだけなので、専用の電話回線を使う楽天でんわとG-Callを使う場合はかけ放題が有効にならないからです。

従って、かけ放題を取ると5分超過後の通話料が高くなり(20円/30秒)となり、逆に楽天でんわ・G-Callの通話料半額(10円/30秒)を取ると5分かけ放題が使えない、というジレンマが生まれます。

通常プラン

データ通信(SMSありも含む)のみで10GBくらいまでのSIMカードを契約するのであれば、他社よりも安いのでオススメです。

しかし、10GBを超えると楽天モバイルDMMモバイルなどの方が安いのでDTI SIMを選ばなくても良いと思います。

参考 : 高速通信データ容量が月8~10GBまでの格安SIM
参考 : 高速通信データ容量が月10GB超~20GBまでの格安SIM
参考 : 高速通信データ容量が月20GB超の大容量の格安SIM

そして、通常プランの目玉は通信量の上限がない「ネットつかい放題」プランなのですが、

  • 通信速度が一切不明(公式サイト上に明記なし)
  • 速度制限の基準が非常に曖昧

という理由により、実際に申し込むのは大きな勇気が必要です。

まず、通信速度については公式サイトに高速通信(下り最大225Mbps)・ネットつかい放題・低速通信(200kbps)を比較したイメージ図があるだけで、数値の記載は一切ありません。

一応、その図によると「高速通信よりは遥かに遅く低速通信よりはちょっと速い」というようなことが読み取れますので、OCNモバイルONEWonderlink(ワンダーリンク)などを参考にするとDTI SIMの「ネットつかい放題」の通信速度は500~700kbpsあたりではないかと推測することができますが、実際のところどうなのかは不明です。

参考 : 500kbps前後の格安SIM

次に、速度制限については「○日で○GB以上通信した場合~」といったような定量的な表現ではなく「通信量が他の利用者の平均利用容量を著しく超えるときは通信速度が一時的に遅くなることがあります」という表現なので非常に困ります。

他の利用者の平均利用容量をユーザーが把握する術は一切ありませんし、このような曖昧な基準だといつ速度制限がかかるのか全く予想が付かないからです。

速度制限や3日間制限が悪いという意図は全くありませんし、むしろ全ユーザーがそこそこ快適な速度で回線を使うためにはそのような規制はあって然るべきだと思っています。

しかし、基準が分からなければ速度制限に引っかからないように計画的な運用を行うことすら不可能です(唯一可能な対策は極力使わないことだが、それだと使い放題プランを契約する意味がない)ので、使い勝手としては最悪であると言わざるを得ません。

参考 : 高速通信の無制限プランがある格安SIM
参考 : 格安SIMごとの速度制限基準の一覧

ノーカウントプラン

5GB/月を使うことができてポケモンGOのデータ通信はカウントフリー(Niantic社が利用しているドメインへのデータ通信のみ。GoogleMap等は対象外)でありながら通常プランの5GB/月と月額料金が全く同じなので非常にお得なプランに思えます。

しかし、

  • 余った分・購入分ともにデータ容量は繰り越し不可である
  • ポケモンGOはあまりデータ容量を消費しない(GoogleMapはカウントフリーの対象外であるため)

という理由により、通常プランでプレイしつつ繰り越し分のデータ容量を活用する方が賢いプレイ方法だと言えます。

もし、ノーカウントプランが適しているという人がいるとすれば、それはポケモンGOを使うことによって毎月ギリギリのところで5GB/月を超えてしまうような人に限定されます。

しかし、そのような条件にピンポイントで当てはまる人はほとんど存在しないのではないでしょうか。

参考 : カウントフリー機能のある格安SIM

高速通信のON/OFFを切り替えできない

多くの格安SIMでは任意のタイミングで高速通信のON/OFFを切り替えることができます。

それにより、テキスト主体のデータ通信(LINE・メール・ニュースサイトの閲覧など)を行うときは低速通信にしておくことでデータ容量を節約することができるため、少ないデータ容量のプランであっても月末まで計画的に高速通信を使うことができるのです。

しかし、DTI SIMには高速通信のON/OFFを自由に切り替える機能がないため、データ容量の残量がゼロになるまではひたすら高速通信状態のままとなってしまうという欠点があります。

常に高速通信だと回線速度が不要な通信内容であっても常にデータ容量を消費し続けてしまうせいで月末までデータ容量が残らない可能性が高くなるでしょう。

その結果、本当に必要としている以上のデータ容量のプランを契約したりデータ容量を追加購入したりするハメになるため、経済的な運用をすることが難しくなります。

参考 : 高速通信のON/OFFを切り替えられる格安SIM

速度制限がある

DTI SIMの各プランには以下の通り3日間制限があります。

  • 700MB/3日 : 1GBプラン
  • 2GB/3日 : 3GB・5GB・10GB・15GB・半年お試し・電話定額・ノーカウントプラン
  • 2.5GB/3日 : 20GBプラン

他社の格安SIMの中には一切速度制限がないところや高速通信中に限って速度制限がないところもありますので、それらと比較すると大きなデメリットだと思います。

なお、ネットつかい放題プランには3日間制限はありませんが、先述の通り他の利用者の平均通信量を大きく超えると規制がかかるようになっています。

参考 : 格安SIMごとの速度制限基準の一覧

iPhone6sのレンタルが高過ぎる

DTI SIMでは基本的に端末の販売は行っていないため自分でSIMフリーのスマホを用意しなければいけないのですが、例外的にiPhone6s(16GB)のみレンタルが行われています。

しかし、レンタル料金が3,600円/月(= 43,200円/年)と高額であるため、わざわざレンタル料金を支払ってまでして借りるくらいならヤフオクやメルカリで中古のものを購入する方が良いと思います。

ヤフオクで少し調べてみたところ、iPhone6s(16GB)のSIMフリーモデル(キャリアのiPhoneをSIMロック解除したものではなく、アップルストア販売の最初からSIMフリーもの)の相場は大体4~5万円くらいのようなので、レンタル料金1年分にちょっと費用を上乗せすればおそらく落札できるはずです。

購入するとiPhoneが自分のものになるという点が最大のメリットなのですが、将来的に新機種が欲しくなったときはヤフオクやメルカリで売り払うことで簡単に現金化できるという良さもあります。

アップル製品は人気があり相場が大きく崩れることがあまりありませんので、売り払う時期にもよるものの少なくとも2~3万円くらいで売れるのではないでしょうか。

参考 : 格安SIMでiPhoneを約7万円安く使う方法
参考 : iPhoneをセット購入できる格安SIM

MNP転出手数料が高い

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)や他社の格安SIMからMNP転出するときに必要となる手数料は大体2,000~3,000円程度であることが一般的です。

しかし、DTI SIMのMNP転出手数料は相場よりも高額な5,000円となっています。

SIMカードを一旦契約したらそう簡単に他社へMNPすることはないとは思いますが、いざ乗り換えをしようと思い立ったときに痛い出費となってしまうことは間違いないでしょう。

支払い方法はクレジットカードのみ

支払い方法はクレジットカードのみとなっており、大手キャリアのような口座振替・請求書・インターネットバンキング(Pay-easy)などには一切対応していません。

クレジットカードと同じように使えるデビットカードやVプリカ(プリペイドカード)にも未対応です(デビットカードはダメと明示あり)。

フルタイムで勤めている人なら正規・非正規に関わらず簡単にクレジットカードを発行できる(カードによりますが)ので普通に仕事をしているなら全く問題になることはないと思いますが、専業主婦・学生・自己破産者などは結構厳しいかもしれません。

どうしてもクレジットカードを発行できないときは以下のようなデビットカードで契約できる格安SIMを検討してみましょう。

参考 : クレジットカード以外の支払い方法がある格安SIM

2018/02/07