格安スマホ・SIM大辞典

多数の格安SIMを価格・データ通信容量・通信速度・速度制限・音声通話・かけ放題オプションの有無・その他SIMごとの特徴などをもとに徹底比較・解説します。目的に合わせたおすすめプランの提案もあります。

SkyLinkMobile(スカイリンクモバイル)の口コミ評判

基本情報

SkyLinkMobile(スカイリンクモバイル)の基本情報
サービス名 SkyLinkMobile(スカイリンクモバイル)
運営会社 エレコム株式会社
回線 ドコモ回線のみ
データプラン 無制限(300kbps)・110MB/日・4GB/月
月額料金 データ専用SIM : 780円/月~
SMS付きSIM : 900円/月~
通話SIM : なし
最低利用期間 なし
違約金 なし
通話料金 通話SIMがないので通話料金もない
IP電話の「SkyLinkPhone(月額180円のオプション)」は
・携帯電話、PHS : 16.25円/分
・固定電話 : 8.6円/3分
通話定額
オプション
なし
通信速度 高速通信時 : 下り最大150Mbps・上り最大37.5Mbps
低速通信時 : 上下最大200kbps
無制限 : 上下最大300kbps
通信速度の
制御
不明(公式サイト上で確認できない。おそらく不可。)
速度制限 450MB/3日を超えるデータ通信を行うと翌日1日を100kbpsに制限されることがある
(デイリーコースは対象外)
データ容量の
繰り越し
マンスリーコースのみ最大4GB/月まで繰り越し可能(翌月末まで有効)
データ容量の
追加
不可(公式サイト上に記載なし)
SIMカードの
追加
可能
支払い方法 クレジットカードのみ(デビットカードやVプリカは不可)
年齢制限 未成年はの契約は保護者の同意が必要
(その際、本人名義のクレジットカードが必要。親名義のものは不可。)

SkyLinkMobileのここがおすすめ

  • 無制限コース(300kbps、460MB/3日の制限あり)は使い方次第で役に立つ

SkyLinkMobileのここが微妙

  • 通話SIMがない
  • あえてSkyLinkMobileを選ぶ必要性がない(他の格安SIMの方が使いやすい)
  • 運営会社のエレコムがマイナー

プラン・料金

SkyLinkMobileのプラン・料金は以下の通りです。

SkyLinkMobileのプラン・料金
プラン データ容量 通信速度 SIMカード・月額料金
データ通信
のみ
データ通信
・SMS
データ通信
・SMS
・SkyLinkPhone
フリーデータ
コース
無制限 上下最大300kbps 780円/月 900円/月 1,080円/月
デイリー
コース
110MB/日
(計3.3GB/月)
上り最大 : 150Mbps
下り最大 : 37.5Mbps
低速通信 : 200kbps
980円/月 1,100円/月 1,280円/月
マンスリー
コース
4GB/月 1,510円/月 1,630円/月 1,810円/月

無制限(300kbps)・110MB/日・4GB/日の3つプランしかない上に通話SIMがないため電話をしたければIP電話を使うしかなく、微妙なプラン構成です。

メリット

無制限コース(300kbps)がある

3つのプランの中では、最大300kbpsでしかデータ通信できない代わりに無制限に通信できる無制限コースが唯一良い感じです。

300kbpsは決して速くはありませんが、一般的な格安SIMの低速通信である200kbpsの1.5倍の速度ですので、メール・LINE・ニュースサイトの閲覧といったテキストメインの利用方法であれば十分快適な回線として使用できるからです。

もちろん、回線の状況によっては回線速度が300kbpsを大きく下回る可能性もありますが、SkyLinkMobileはマイナーな格安SIMであり利用者数がかなり少ないですので、混雑などにより回線速度が著しく低下する可能性は低いと思われます。

ただし、無制限と言いつつ3日間で450MB以上のデータ通信を行うと通信速度制限がかかる3日間制限があります(解除されるまでは最大100kbps)ので、時間をかけて大量データの受信(動画配信サービスから夜中の間に映画をダウンロードしておく等)を行うような用途には全く向いていません。

参考 : 格安SIMごとの速度制限基準の一覧

300kbps = 37.5kB/s = 135MB/hであり、データ通信しっぱなしだと早ければ3~4時間で上限に到達してしまうからです。

低速状態で大量データの通信を行うつもりなら、速度制限のない低速プランがある楽天モバイルDMMモバイル・などをオススメします。

参考 : 200kbps前後の格安SIM
参考 : 500kbps前後の格安SIM

デメリット

通話SIMがない

通話SIMを契約することができないのは良く言えば斬新・新しい、悪く言えば奇をてらい過ぎという感じです。

絶対にデータ通信しかしないとか、サブのSIMカードとして使うなら通話SIM(080/080/070の電話番号)が無くても良いのですが、メインで使うスマホに通常の電話の番号がないのはかなり微妙です。

電話番号がないことによって、万が一の際に緊急通報ができないのが怖いと思います。

IP電話を導入すれば一応通話することはできますがIP電話は緊急通報(110や119など)をすることができないという欠点があるため、やはり万全とは言えません。

SkyLinkPhoneは微妙

SkyLinkMobileは通話SIMの代わりとしてSkyLinkPhoneというIP電話(050の電話番号)を使うことができます。

有料オプションですがIP電話なので基本料金は月額180円、通話料金も固定電話は8.6円/3分・携帯電話やPHSは16.25円/1分と安価です。

しかし、SkyLinkMobileのオプションであることからSkyLinkMobileを解約したら電話番号がなくなってしまいますので、IP電話を使うならキャリアに依存することなく使える050plus・LaLaCall・Viberなどを使うほうが良いと思います。

050 plus~アプリ間無料通話/携帯・固定への通話も安い
050 plus~アプリ間無料通話/携帯・固定への通話も安い
無料
posted with アプリーチ

LaLa Call~050/IP電話でおトクな通話アプリ
LaLa Call~050/IP電話でおトクな通話アプリ
開発元:K-Opticom
無料
posted with アプリーチ

Viber 無料通話&メッセージアプリ
Viber 無料通話&メッセージアプリ
開発元:Viber Media SARL.
無料
posted with アプリーチ

もしくは家族や友人と連絡をする程度であればLINEの通話機能で十分です。

LINE(ライン) - 無料通話・メールアプリ
LINE(ライン) - 無料通話・メールアプリ
開発元:LINE Corporation
無料
posted with アプリーチ

デイリーコースは使えない

デイリーコースは1日ごとに高速通信できるデータ容量に制限があるコースで、1日に110MBが上限となっています。

110MB/日をひと月に換算すると3.3GB/月なのでそこそこデータ容量が確保できているような気がしますが、每日110MBという一定量を通信し続けることはあり得ませんので、実際に3.3GB/月もデータ通信することはできないと思っておいた方が良いです。

現実的には3.3GB/月の半分(1.65GB/月)も通信できれば良い方ではないでしょうか。

自身のスマホの使い方を振り返ってみると分かると思いますが、仕事・学業(部活)・家の用事などが忙しい日は落ち着いてスマホを使う暇がないためデータ通信をほとんど行わない一方で、暇な日は動画の閲覧やアプリのダウンロードなどを行って大量データ容量を消費するのが普通です。

例えば、電子書籍のダウンロードやゲームアプリ&初期データのダウンロードなどを行ったらそれだけで110MB以上のデータ通信となることは全然珍しくありません。

このように、データ通信量は多い日と少ない日が混在しているものですので、1日ごとに上限が設けられているデイリーコースは多い日は全然足りない一方で少ない日は大半が無駄になる(デイリーコースは繰り越し不可)「帯に短し襷に長し」のというプランなのです。

ということで、デイリーコースは役に立ちません。

参考 : 高速通信データ容量が1日単位(日次)の格安SIM

運営会社がマイナーかも

SkyLinkMobileを運営しているのはエレコム株式会社です。

  • 設立年月日 : 昭和61年(1986年)5月
  • 資本金 : 19億75百万円
  • 従業員数 : 500名 その他、契約社員・パート社員159名(2016年3月31日現在)

パソコンの周辺機器(マウス・キーボード・ハードディスク・メモリ・ルーター・各種ケーブル・電源タップなど)の製造・販売を行っている企業です。

一般的には余り馴染みが会社かもしれませんが、自宅・学校・職場などのパソコンの周辺を見渡してみたら「ELECOM」のロゴが入った製品が何かひとつくらいはあるかもしれません。

エレコムという社名を聞いたことがなかったとしても、そのくらい日常生活に溶け込んでいる会社だったりします。

しかし、エレコムはパソコン業界では有名ではあるものの、やはり一般的な知名度はそれほど高くありません(エレコム製品が色々な場所にあってもあまり意識するものではないのであまり浸透していない)ので、大手企業が運営しているケースも多い他の格安SIMに比べると企業の看板の強さとしては圧倒的に不利だと思います。

サービスの中身が重要なのは当然ですが、ネームバリューも同じくらい大事だからです。

加えて、先述の通り全体的にプランがあまり良くないこともあり、SkyLinkMobileは積極的にはおすすめできません。

2017/03/29