格安スマホ・SIM大辞典

多数の格安SIMを価格・データ通信容量・通信速度・速度制限・音声通話・かけ放題オプションの有無・その他SIMごとの特徴などをもとに徹底比較・解説します。目的に合わせたおすすめプランの提案もあります。

ロケットモバイルの口コミ評価

基本情報

ロケットモバイルの基本情報
サービス名 ロケットモバイル
運営会社 株式会社エコノミカル
回線 ドコモ回線
ワイモバイル回線(ロケモバプレミアムプランのみ)
データプラン 無制限(最大200kbps)
1GB・2GB・3GB・5GB・7GB
月額料金 データ専用SIM : 590円/月~
SMS付きSIM : 740円/月~
音声付きSIM : 1,250円/月~
(無制限の神プランを除く
最低利用期間 Dプラン(通常プラン)の通話SIM : 12ヶ月間(データSIMは最低利用期間なし)
ロケモバプレミアムプラン : 24ヶ月
違約金 9,500円
通話料金 20円/30秒
通話定額
オプション
なし
ただし、ロケモバプレミアムプランは1回10分以内・月300回まで無料
通信速度 ・Dプラン(通常プラン)
高速通信時 : 下り最大225Mbps・上り最大50Mbps
低速通信時(神プランも含む) : 上下最大200kbps
・ロケモバプレミアムプラン
高速通信時 : 下り最大112.5Mbps・上り最大37.5Mbps
低速通信時 : 上下最大200kbps
通信速度の
制御
高速通信のON/OFFは不可
速度制限 1GBプラン : 360MB/3日
2GBプラン : 360MB/3日
3GBプラン : 500MB/3日
5GBプラン : 800MB/3日
7GBプラン : 1GB/3日
データ容量の
繰り越し
翌月まで可能
データ容量の
追加
なし
ただし、「いますぐプラン変更」によりリアルタイムかつ
追加料金なし(当月のみ)で上位プランに変更できる
SIMカードの
追加
不可
支払い方法 クレジットカードのみ
年齢制限 未成年は親権者の同意がなければ契約不可

ロケットモバイルのここがおすすめ

  • 初月無料
  • 神プラン(最大200kbps)が激安
  • Dプラン(通常プラン)は他社と同水準~やや安価な価格設定

ロケットモバイルのここが微妙

  • ロケモバプレミアムプランは存在価値なし(詳細は後述)
  • 通話料半額アプリやかけ放題オプションがないので通話料が高い
    (誰でも通話料半額の楽天でんわまたはG-Callが必須)
  • 高速通信のON/OFFの切り替えができない
  • ロケモバポイントよりも稼ぎやすい方法がある
  • 運営会社が若すぎるのでサービスの将来性にやや不安がある

プラン・料金

Dプラン(通常プラン)

ロケットモバイルのDプランの料金は以下の通りです。

ロケットモバイルDプランの料金
プラン データ容量 回線速度
(最大)
SIMカード・料金
データプラン
(SMSなし)
データプラン
(SMSあり)
通話プラン
神プラン - 200kbps 298円/月 448円/月 948円/月
スーパー神プラン - 719円/月 860円/月 準備中
(2016/12現在)
1GBプラン 1GB/月 下り225Mbps
上り50Mbps
590円/月 740円/月 1,250円/月
2GBプラン 2GB/月 690円/月 840円/月 1,300円/月
3GBプラン 3GB/月 840円/月 990円/月 1,400円/月
5GBプラン 5GB/月 1,200円/月 1,350円/月 1,800円/月
7GBプラン 7GB/月 1,850円/月 2,000円/月 2,400円/月

高速データ通信をできない代わりに最大200kbpsで通信できてしかも激安の神プランが目玉です。

また、その他のデータ容量のプランも他社の格安SIMと比較して同水準~やや安い料金設定となっています。

ただ、通話料が高い・高速通信のON/OFFを切り替えできないといった欠点もあります。

参考 : 200kbps前後の格安SIM
参考 : 高速通信のON/OFFを切り替えられる格安SIM

ロケモバプレミアムプラン

ロケットモバイルのロケモバプレミアムプランの料金は以下の通りです。

ロケモバプレミアムの料金
プラン データ容量 回線速度 通話料 料金
ロケモバプレミアム
Sプラン
1GB/月 下り112.5Mbps
上り37.5Mbps
20円/30秒
※1回10分以内かつ
月300回まで無料
2,980円/月
ロケモバプレミアム
Mプラン
3GB/月 3,980円/月
ロケモバプレミアム
Lプラン
7GB/月 5,980円/月

かけ放題(1回10分以内かつ月300回まで)が付いているため、通話が多い人向けのプランです。

しかし、中身は完全にU-mobile(ユーモバイル)の「U-mobile SUPER」と同じである上に、U-mobileなら契約から12ヶ月間は1,000円/月の割引があるのでロケモバプレミアムを使う必要性が全くありません。

「U-mobile SUPER」が通話に最適なプランなのかという問題もあります(使い方次第では他社の方が良いこともある)が、いずれにしてもロケモバプレミアムプランは契約してはダメです。

ちなみに、ロケモバプレミアムプランはドコモ回線ではなくワイモバイル回線となっています。

参考 : コミコミプランがある格安SIM

メリット

初月無料

ロケットモバイルでは初月のデータ通信料金は無料で使えます。

無料になるのは「データ通信料金だけ」なので、ユニバーサルサービス料・事務手数料・SMS利用料などは別途請求がありますが、それでもお得であることは間違いありません。

プランによっては1,000円以上が浮くことになるので非常に有難いです。

この初月無料を最大限に活かすためには、SIMカードが到着する日が非常に重要となります。

というのも、ロケットモバイルのSIMカードを受け取った日が開通日となるからです。

課金開始日はいつですか?

お客様のお手元に、SIMカードが着荷した日が課金開始日となります。
MNPの場合は、開通日が課金開始日となります。

※ 例:5月30日にお申込み頂き、SIMカードの着荷が6月1日の場合、課金開始日は6月1日からとなります。
課金開始日の属する月が料金月の初月=初回請求が発生する月となります。

※ 通話プランのMNPの場合、開通日が課金開始日となります。

https://rokemoba.com/faq

通常、申し込みから2~3日程度でSIMカードが到着すると思いますので、ロケットモバイルを契約するときは、

  • 月の上旬に申し込みをする(20日以上の期間、無料で使える)
  • 月末に申し込みをする(翌月が開通日となるので、丸々1ヶ月無料で使える)

といった感じでも申し込み手続きを行う日付を調整するようにしましょう。

月末に申し込みを行ったときに万が一同月内にSIMカードが届いてしまいそうであれば、配送業者に連絡して翌月1日以降に配達をお願いすれば問題ありません(「当月内は不在である」と伝えれば良いと思います)。

なお、通話SIMのMNPについてはSIMカードを受け取った日ではなくMNPが完了した日が開通日となりますので、MNP切り替え手続き(マイページ内から行う)の日付を調整すれば良いだけです。

神プランで大幅節約が可能

Dプラン(通常プラン・ドコモ回線)のうち、回線速度が最大200kbpsしか出ない代わりに月額298円~で使える神プランが便利です。

自宅に固定回線とWi-Fiがあり、外ではほとんどスマホを使わない(またはメール・LINE・ニュースサイトの閲覧等のテキスト主体のデータ通信しかしない)という人なら200kbpsでも十分にやっていけるからです。

通話SIMでも月額998円で済みますので、スマホの維持費を安くしたいという人にとってはロケットモバイルの神プランは選択肢のうちの一つになると思います。

なお、スーパー神プランは神プランと「つながる端末保証」という月額500円の保証サービス(年2回まで保証可能・1回に最大5万円まで修理費保証)がセットになったプランです。

セット価格なので普通に神プランと「つながる端末保証」に加入するよりも安価なのですが、不注意で端末を壊すことが多いという人以外にはあまり役に立たないと思います。

参考 : 200kbps前後の格安SIM
参考 : 月額1,000円以下で音声通話SIMを使える格安SIM

「いますぐプラン変更」できる

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)や他社の格安SIMでは、データ容量が足りなくなったら翌月まで待つかチャージを行うことによってデータ容量を確保します。

一方、ロケットモバイルはチャージの仕組みがない代わりに「いますぐプラン変更」によりリアルタイムで上位プランへ変更することによってデータ容量を増やすことになっています。

この「いますぐプラン変更」の凄いところは、

  • 1GB/月と2GB/月の差額 : 100円(= 100円/1GB)
  • 2GB/月と3GB/月の差額 : 150円(= 150円/1GB)
  • 3GB/月と5GB/月の差額 : 360円(= 180円/1GB)
  • 5GB/月と7GB/月の差額 : 650円(= 325円/1GB)

のように、増加するデータ容量の割に差額が非常に安価であることと、プラン変更を行った当日は差額の請求が行われることはない、という点です。

例えば、1GB/月プランから2GB/月プランへの変更を行うと、使える容量は1GB増えますが当月の請求金額は1GB/月プランのままとなります。

もちろん、翌月以降は変更後の2GB/月プランでの請求が行われますが、不要であれば月が変わってからすぐに1GB/月プランに戻せば上記の差額を1回だけ支払えば良いことになるので極めて経済的です。

  • 下位プランへの変更はできない
  • 変更は月1回のみ
  • 「いますぐプラン変更」を使うと同月中は通常のプラン変更(翌月から変更適用)ができない
  • 翌月からは変更後のプラン料金が請求される(忘れないように注意)
  • 必要に応じて翌月に元のプランに戻さなければならないので手間がかかる

といった注意点はあるものの、それを差し引いても使いやすいプラン変更の仕組みだと思います。

余ったデータは翌月に繰り越しできる

割り当てられたデータ容量をひと月の間に使い切れないときは全て翌月に繰り越すことができます。

繰り越した分を更に翌月まで繰り越すことはできません(繰り越せるのはひと月だけ)が、繰り越し分から優先的に消費されるようになっているので大抵の場合は繰り越した分が無駄になってしまうことはまずないと思います。

なお、神プラン・スーパー神プランについては高速通信できるデータ容量が最初から存在しませんので、繰り越し自体もありません。

参考 : 高速通信データ容量を繰り越しできる格安SIM

iPhoneが使える

自分でiPhoneを持ち込めば、ロケットモバイルでもiPhoneを使うことができます。

ロケットモバイルの回線はドコモの回線なので、

  • ドコモのiPhone(SIMロック解除不要)
  • au・ソフトバンクのiPhone(要SIMロック解除)
  • 最初からSIMフリーのiPhone

を使うことができます。

ドコモの場合はSIMロック解除が不要なので過去に発売された全ての機種を使えます。

au・ソフトバンクはSIMロック解除が必須なので、実質的に6s/6s Plus/7/7Plusの4機種のみの対応となります(2015年5月以前に発売されたiPhoneはSIMロック解除できないため)。

なお、ロケモバプレミアムプランはワイモバイルの回線を使用しているため、SIMロックを解除したiPhoneか最初からSIMフリーのiPhoneしか使うことができませんので注意が必要です。

参考 : 格安SIMでiPhoneを約7万円安く使う方法

デメリット

ロケモバプレミアムプランは地雷

冒頭でも延べましたが、

  • ロケモバプレミアムプランの中身はU-mobile(ユーモバイル)の「U-mobile SUPER」である
  • ロケモバプレミアムプランと「U-mobile SUPRER」の月額料金は全く同じである
  • 「U-mobile SUPER」なら毎月1,000円の割引 * 12ヶ月がある

ことからロケモバプレミアムプランは存在価値がなく、ハッキリ言って地雷プランです。

割引の分だけ「U-mobile SUPER」の方がお得ですのでロケモバプレミアムプランは絶対に契約しないようにしましょう。

ちなみに、ロケモバプレミアムプラン・「U-mobile SUPER」ともに最低利用期間が24ヶ月・違約金が9,500円かかります。

参考 : コミコミプランがある格安SIM

通話料が高い

他社の格安SIMの多くが用意している通話料半額アプリやかけ放題オプション(ロケモバプレミアムプランの10分かけ放題を除く)がないため、ロケットモバイルの通話料は常に20円/30秒もかかります。

電話を頻繁にかけたり通話時間が長かったりすると通話料が簡単に高額になってしまいますので、通話機能をメインで使う予定ならロケットモバイルではなく通話料が安い別の格安SIMを使うべきです。

ロケットモバイルのDプラン(通常プラン)は全体的に他社よりも月額料金が安い傾向にあるのは評価できるのですが、通話料が高いがために総合的には他社の方が請求金額を安く抑えることができてしまうという点が非常に惜しいところです。

参考 : かけ放題・無料通話オプションがある格安SIM

誰でも通話料を半額にする方法

ただし、それはロケットモバイルを普通に使う場合であり、楽天でんわまたはG-Callを使えば全く問題ありません。

これらのアプリは誰でも通話料を半額(10円/30秒)にすることができる極めて優秀なアプリだからです(両アプリの違いについてはこちら)。

固定費は完全無料(月額料金などはない)なので電話をかけたときの通話料以外の費用が一切発生しないというメリットもあるためとても使い勝手が良いです。

従って、実質的には「導入すると通話料が半額になる」というよりも「導入しないと通話料が倍額になる」という感じですので、ロケットモバイルを契約したら絶対に使うべきです。

高速通信のON/OFFの切り替え不可

ロケットモバイルで高速通信可能なプランを契約した場合、当月のデータ容量が尽きるまでは常に高速通信しっ放しであり他社の格安SIMのように任意のタイミングで高速通信のON/OFFを切り替えることができません。

ON/OFFの切り替えができればメール・LINE・ニュースサイトの閲覧といったテキスト主体のデータ通信のときはOFFにしてデータ容量を節約し、動画の閲覧・アプリのダウンロードや更新などのときはONにして高速通信を活用する、といった効率的な使い方を実現できるのですが、ロケットモバイルではそのような運用方法を取ることはできません。

常にデータ容量を垂れ流し続けている状態であることから、月末になるとデータ容量が不足する可能性が高くなりますので、極力動画を見ないようにするなどかなり慎重な運用が必要になると思われます。

また、データ容量の残量を確認できるようなアプリもないため、確認時には逐一マイページにログインしなければなりません。

参考 : 高速通信のON/OFFを切り替えられる格安SIM

3日間制限がある

Dプラン(通常プラン)には3日間制限があり、プランごとに基準となる通信量が設定されています。

  • 1GB/月プラン : 360MB/3日間
  • 2GB/月プラン : 360MB/3日間
  • 3GB/月プラン : 500MB/3日間
  • 5GB/月プラン : 800MB/3日間
  • 7GB/月プラン : 1GB/3日間

いずれのプランもかなり厳しめの設定となっているので、動画を見すぎたりゲームアプリをインストール&初期データのダウンロードなどを行ったらすぐに到達してしまうと思います。

3日間制限がかかると最大200kbpsに制限されます。

神プランは高速通信できるデータ容量がなく最初から200kbpsであることから3日間制限はありません。

参考 : 格安SIMごとの速度制限基準の一覧

ロケモバポイントは完全無視でOK

ロケットモバイルの目玉のひとつとして「ロケモバポイント」というものがあります。

これは、指定の無料アプリのダウンロードしたり、指定のウェブサービスなどに無料会員登録したりすると「ロケモバポイント」を貰うことができ、「1ポイント = 1円」として毎月の通信料金を割引してくれるという仕組みです。

例えば、データSIM(SMSなし)の神プランは月額298円ですのでロケモバポイントを150ポイント持っていたら請求金額が148円(= 298円 - 150円)になる、という感じです。

もともと安いロケットモバイルの月額料金を更に安くできることから非常に有用な仕組みに思えるかもしれませんが、以下の記事の通りアンケートサイトやポイントサイトを使ってポイントを稼いだ上で現金に換金すればもっと効率的に月額料金を下げることができますので、ロケモバポイントはハッキリ言って不要です。

格安SIM・スマホの月額料金が更に安くなる方法・裏技
格安SIMは大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)と異なり非常に安い月額料金でスマホを維持できることが最大の特徴です。スマホの使い方にもよりますが、大手キャリア...

例えば、アンケートサイトのならば約500~1,000円/月を超える金額を稼ぐのは容易ですし、ポイントサイトの一つであるなら無料アプリDL・無料会員登録の他、楽天市場やロハコなどの通販でポイント還元を受けられたりします。

ロケモバポイントに費やす時間があるくらいならこれらのサイトを活用する方がよっぽど稼げますので、ロケモバポイントは完全無視でOKです。

支払いはクレジットカードのみ

支払い方法はクレジットカードのみとなっており、大手キャリアのような口座振替・請求書・インターネットバンキング(Pay-easy)などには一切対応していません。

一応、公式サイトのFAQには以下のような記述があるため今後に期待はできますが、現時点ではやはりクレジットカード一択です。

支払い方法は何がありますか?

現状、クレジットカード支払いのみとなります。
今後はさまざまなお支払い方法の拡充を予定しております。

https://rokemoba.com/faq

フルタイムで勤めている人なら正規・非正規に関わらず簡単にクレジットカードを発行できる(カードによりますが)ので普通に仕事をしているなら全く問題になることはないと思いますが、専業主婦・学生・自己破産者などは結構厳しいかもしれません。

どうしてもクレジットカードを発行できないときは以下のようなデビットカードで契約できる格安SIMを検討してみましょう。

参考 : クレジットカード以外の支払い方法がある格安SIM

運営企業ができたてホヤホヤ

ロケットモバイルは株式会社エコノミカルが運営しています。

  • 設立年月日 : 2015年12月17日
  • 資本金 : 6,200万円(2016年5月末)

設立から約1年のできたてホヤホヤの企業であり、格安SIMを運営する会社の中では完全に後発組です。

もちろん、後発組であること自体が問題というわけではないのですが、どこかの大企業が格安SIMの運営のために作った子会社でもなく、完全にベンチャー企業ですので、企業体力という面ではかなり不安があるのではないでしょうか。

また、仮に事業が立ち行かなくなった場合について考えると、既に撤退が決まっているb-mobile(ビーモバイル)(U-mobileを運営している株式会社U-NEXTが継承)やBIGLOBE SIM(auのKDDI株式会社が継承)といった格安SIMほど事業規模が大きくないことから、継承してくれる会社が現れずにそのままサービスが終了してしまう危険性があるのではないかと思われます。

ロケットモバイルのDプラン(通常プラン)は他社に比べて月額料金が安く魅力的ではありますが、運営している会社の規模とサービスの将来性(年単位での事業継続性)などを考慮すると、私だったら多少高くても別の格安SIMを選ぶかな、という感じです。

2018/02/07