格安スマホ・SIM大辞典

多数の格安SIMを価格・データ通信容量・通信速度・速度制限・音声通話・かけ放題オプションの有無・その他SIMごとの特徴などをもとに徹底比較・解説します。目的に合わせたおすすめプランの提案もあります。

SIMフリー・SIMロック解除とは?SIMカードの基礎知識

SIMカード

SIMカードとは正式名称「Subscriber Identity Module Card」であり、スマホ(ガラケーも)に内部に挿入されているマイクロチップのことです。

端末の裏側のカバーを開けると必ず挿入されています。

端末の裏側のカバーを開けると必ず挿入されています。

SIMカードの中にはキャリアや契約者を識別するための情報が入っており、それを元に通話やデータ通信などが行えるようになっています。

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)で契約するとショップ店員さんが端末に挿入してくれるので普段はあまり見にすることがないためSIMカードの存在自体を知らない人も多いのですが、端末を使用するためには絶対になくてはならない非常に重要なチップとなっています。

大きさは3種類

SIMカードには、小さい順に

  • ナノSIM(nano SIM)
  • マイクロSIM(micro SIM)
  • 標準SIM

の3種類のサイズがあり、サイズが違っても役割は全く同じです。

左:マイクロSIM 右:標準SIM

左:マイクロSIM
右:標準SIM

しかし、端末によって対応しているSIMカードのサイズが違うため、異なるサイズのSIMカードを挿入することはできないようになっています。

対応サイズは、端末のメーカーのサイトや格安SIM事業者の動作確認済み端末一覧などから調べることができます。

個人を特定できる情報は入っていない

先述の通り、SIMカードの中には「契約者を識別するための情報が入っている」のは間違いありませんが、氏名・生年月日・住所などの個人情報が入っているわけではありません。

SIMカードに登録されている情報は「キャリアが契約者を特定するための情報(電話番号やキャリアが独自に割り当てた契約者IDなど)」ですので、仮にSIMカード内の契約者を指し示す情報が漏れたとしても、それ単体だけで個人の特定に至ることは決してありません。

個人を特定するためには、キャリアが持っている契約者の個人情報(氏名・生年月日・住所・電話番号。契約者IDなど)とSIMカード内の情報(電話番号・契約者IDなど)の両方が流出してしまった場合に限られますので、基本的にはキャリアが保持している個人情報が流出しない限りは、SIMカードの情報から個人が特定されてしまうことはありません。

また、メール・LINE・電話帳などの各アプリが扱うデータは端末本体やSDカード(Androidの場合のみ)に保存されるものであるため、これらの情報がSIMカードから外部に漏れてしまう心配も一切ありません。

SIMロック

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)で購入した端末は、基本的に購入したキャリアのSIMカードのみを認識しそれ以外のキャリアのSIMカードが使えないように設定されています。

そして、このように端末が特定キャリア以外のSIMカードを受け付けない状態にしてしまう設定のことをSIMロックと言います。

試したことがある人はほとんどいないと思いますが、ドコモで購入した端末にauやソフトバンクのSIMカードを挿入しても電話もデータ通信もできませんし、その逆もまた然りです(ただし、Wi-Fi回線を通したデータ通信は可能です)。

SIMロックをかける理由としては、

  • 長期契約前提で月額料金や端末代の割引をしているので、ユーザーを逃したくない
  • 端末を持って他のキャリアに逃げないように囲い込みをしたい

などの理由が挙げられると思います。

SIMロックさえかけておけば、「キャリアの移動(MNPも含む) = 端末の新規購入」という負担をユーザーに強いることができるため、金銭的な負担を回避したいユーザーがキャリアの移動に消極的になり、囲い込みをしやすくなるというわけです。

ユーザーにとってはキャリア移動のハードルが高くなる極めて不親切な仕組みですが、キャリアにとってはユーザーが長期契約をしてくれる可能性が高まるためSIMロックには大きなメリットがあります。

SIMロック解除

このように、大手キャリアで契約した端末は当該キャリアのSIMカード以外を使用不可とするために制限(= SIMロック)がかけられているのですが、この制限を解除することをSIMロック解除と言います。

SIMロックを解除すると端末はSIMフリー(後述)の状態となるため、どのキャリアのSIMカードを挿入しても電話・データ通信を行えるようになります(但し、端末とキャリアの通信方式や周波数帯などが一致する場合に限ります)。

以前は、キャリアの端末をSIMロック解除するためには完全自己責任の下で特殊な方法や作業を実施しなければなりませんでした。

しかし、現在では、

  • 2015年5月以降に販売された端末である
  • 購入から181日以上経過している(購入日が1日目)
  • ネットワーク利用制限がかかっていない

などの条件を全て満たす端末に限って、キャリアが正規の手順でSIMロック解除をしてくれるようになりました。

各キャリアごとのSIMロック解除条件は各キャリアのサイトに詳しく掲載されています。

各キャリアのSIMロック解除について

ちなみに、SIMロック解除をキャリアのショップ(実店舗)で申し込んだときは3,000円の手数料がかかりますが、ネット経由で申し込みをすると無料です。

SIMフリー

SIMロックがかかっている大手キャリアの端末のSIMロックを解除するとSIMフリーの状態になるというのは先述の通りです。

SIMフリーの状態になると、端末とキャリアの通信方式や周波数帯などが一致する場合に限ってはどこのキャリアのSIMカードを挿入しても電話・データ通信を行うことができるようになるため、同じ端末を利用しつつキャリアを自由に移動できるようになります。

やる意味はあまりありませんが、SIMロックを解除してSIMフリーとなった後に今までと同じキャリアを継続して使うことももちろん可能です。

しかし、スマホの中にはSIMロックを解除しなくても最初からSIMフリーの状態である端末も存在します。

最初からSIMフリー状態の端末

その名の通り、最初からSIMフリーの状態で販売されている端末です。

SIMロックとは生涯無縁の端末であり、購入後に意図的に特定のキャリア以外で使えなくなるようにSIMロックをかけることはできません(やる意味もないですが)。

最近、格安SIMと同じくらい有名になっている格安スマホの大半はSIMフリーの端末です。

ここで、「本来SIMロックされているはずの端末が最初からSIMフリーだなんて怪しくないの?」という疑問が浮かんでくるかもしれません。

確かに、SIMフリー端末の大半は聞いたことのないメーカー(特に中国のメーカー)の端末が多いため、違法なもの・危険なものなのではと感じてしまいがちです。

しかし、スマホは本体SIMフリー状態であるのが普通であり、SIMロックがかかった端末しか販売されていなかった日本のスマホ業界が異常なのです。

日本では大手キャリアが軒並みSIMロックをかけていたせいで「スマホ = SIMロックがかかっているのが当たり前」という認識がありますが、それは誤解です。

繰り返しますが、本来はSIMフリーの状態が普通ですので、SIMフリー状態で販売されている端末に違法性・危険性は一切ありません。

2017/02/14