格安スマホ・SIM大辞典

多数の格安SIMを価格・データ通信容量・通信速度・速度制限・音声通話・かけ放題オプションの有無・その他SIMごとの特徴などをもとに徹底比較・解説します。目的に合わせたおすすめプランの提案もあります。

誰でも使える楽天でんわで格安SIMでも今すぐ通話料半額!メリット・デメリットの評価

格安SIMの大きなデメリットのひとつに通話料の高さがあります。

その一番の原因は(一般的な格安SIMの)通話料が20円/30秒という点であり、しかも標準では大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のような無料通話が付いていないという点です。

格安SIMによっては通話料が半額(10円/30秒)になる専用のアプリを用意しているところもありますが、全体数からするとそれほど多くありません。

また、かけ放題オプションや無料通話オプションについても同様ですし、いずれの有料オプションであるため元を取れるくらいの頻度・時間の電話をかけなければ損をしてしまうことを考えると、それらを最大限に活かすことができるユーザーは限られていると言えます。

上記のような理由から、格安SIMにおいては通話時間があまり長くないユーザーであっても通話料金が高くなりがちなのです。

楽天でんわとは?

通話料が高いという格安SIMの大きな弱点を吹き飛ばしてくれる有効な方法として、「楽天でんわ」があります。

楽天でんわは一般的な格安SIMの半額の通話料(10円/30秒)で通話ができるアプリであり、

  • 楽天会員なら誰でも使える(楽天モバイルのユーザーでなくてもOK)
  • 月額基本料0円(通話しない月は費用が一切かからない)
  • スマホ標準の電話アプリ(電話帳)と同じような感覚で使える
  • 契約中の電話番号(090/080/070)で発信&相手に通知する
  • 電話回線を使うので高速データ容量を消費しない

といった特徴があります。

特に優れているのが「楽天会員なら誰でも使える」という点であり、いま現在どこの格安SIMと契約していても利用できるので、一部の格安SIMが提供している通話料半額アプリのように特定の事業者に縛られることなく使えます。

文字通り、「誰でも(天会員登録は無料)」・「いますぐに」通話料を半額にすることが可能です。

通話料

楽天でんわの通話料は

  • 月額基本料金 : 無料
  • 国内通話 : 10円/30秒(税別)
  • 国際通話 : 10円/30秒(非課税)

となっています。

契約している格安SIMの通話料が20円/30秒であっても、楽天でんわを使うだけで半額の10円/30秒に抑えられるため非常に便利です。

ただし、本来無料通話できる相手との通話でも通話料がかかってしまうこともありますので使い方にはちょっとコツが必要となります(詳細は後述)。

通話料が半額になる仕組み

楽天でんわは普通の電話と同じ感覚で電話をかけることができますが、発信時は楽天でんわアプリ内で「0037-68-」というプレフィックス番号を付ける処理が行われています。

例えば、「090-xxxx-yyyy」に電話をかけるときには自動的に「0037-68-090-xxxx-yyyy」にして発信してくれる、ということです。

この「0037-68-」を付けることで通常の電話回線に直接接続するのではなく楽天コミュニケーションズ株式会社の電話回線経由で通話するようになるため、通常の半額での通話が実現するという仕組みになっています。

正直、楽天でんわを利用するユーザーからすると通話料が安くなりさえすればそれで良いため、このような細かい仕組みは割りとどうでも良いのですが、一応把握だけはしておきましょう。

なお、発信時に「0037-68-」を付けるという特殊な処理を行っていますが、通話自体は普通に電話をかけるときと同じように行なえますし相手に通知される電話番号も紛れもなくあなたの電話番号ですので、楽天でんわを使ったからといって相手に不便をかけるような心配は一切ありません。

楽天でんわのメリット

楽天でんわの主なメリットは先述の通り、

  • 楽天会員なら誰でも使える(楽天モバイルのユーザー出なくてもOK)
  • 月額基本料0円(通話しない月は費用が一切かからない)
  • スマホ標準の電話アプリ(電話帳)と同じような感覚で使える
  • 契約中の電話番号(090/080/070)で発信&相手に通知する
  • 電話回線を使うので高速データ容量を消費しない

などが挙げられますが、他には以下のようなメリットもあります。

楽天のサービスなので安心

「楽天でんわ」という名前から分かる通り、楽天でんわは楽天が提供しているサービスです。

プロ野球球団や楽天市場などで有名な楽天ということで一定以上の安心感は担保されていると言っても良いのではないでしょうか(個人的な好き嫌いはあるかもしれませんが・・・)。

実は楽天でんわ以外にも誰でも使えて通話料が10円/30秒になる通話アプリは存在しますが、それらは運営会社の知名度が低いこともあって手が出し辛いという欠点があります。

一方、日常的にテレビのニュースなどを見ている人なら楽天の名前を知らない人はほとんどいないはずです、そういう意味では多くの人にとって使いやすいアプリだと思います。

国際でんわが激安

楽天でんわの通話料金は、国内電話だけでなく国際電話(32ヶ国)も10円/30秒(= 20円/1分)と激安です。

普通に国際電話をかける場合は(国にもよりますが)1分で数十円~数百円くらいかかることはザラですので、楽天でんわは破格の価格設定だと言えると思います。

家族が海外に単身赴任しているとか、海外在住の人と遠距離遠来をしている人などは楽天でんわを使う大きな動機になるのではないでしょうか。

もちろん仕事の電話として使うのも問題ありません。

ちなみに、楽天でんわの通話料は国内電話だと消費税が発生するものの国際電話だと非課税となるため、消費税分だけ国際電話の方が安かったりします。

楽天ポイントが貯まる

楽天のサービスということもあり、通話料100円につき楽天スーパーポイントが1ポイント貯まります。

通話料金はどんなに高くても数千円程度なので月に貯まるポイント数は高々数十ポイントが限界だと思いますが、楽天市場をよく利用するユーザーにとっては小額でも大いにメリットがあるはずです。

また、楽天カードを使って決済すると通常の2倍(100円につき2ポイント)が貯まるという特典もあります。

もし持っていないなら発行するのも良いかもしれません。

公式サイト :

デビットカードでも支払える

楽天でんわの料金の支払いは基本的にクレジットカード払いのみとなっていますが、

  • 楽天銀行デビットカード
  • スルガ銀行デビットカード

の2つに限ってはデビットカードでの支払いも可能です。

そのため、デビットカードでの支払いを行える格安SIM(楽天モバイルなど)と組み合わせて利用することも可能です。

楽天でんわのデメリット

楽天でんわのデメリットとしては以下のような点が挙げられます。

  • 通話SIMでないと使えない
  • IP電話よりも通話料が高い
  • 緊急通報などはちょっと面倒
  • 通話オプションが豊富な格安SIMには勝てない
  • 本来無料の通話先が有料になることがある
  • 格安SIMと通話料の請求先が分かれる

これらは同じく通話料を半額にすることができるサービスであるG-Callとの共通点でもあることから、詳細については以下の記事で解説しています。

通話料半額の楽天でんわとG-Callの共通点・違いを比較してみました
格安SIMは有料オプションを別途申し込みしない限り大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)に最初から付いているような無料通話がないのが一般的です。そのせいで通話し...

また、上記記事では楽天でんわとG-Callの相違点についても合わせて解説していますので、どちらのサービスを導入するかを検討する際の材料としてご活用頂ければと思います。

2018/02/07