格安スマホ・SIM大辞典

多数の格安SIMを価格・データ通信容量・通信速度・速度制限・音声通話・かけ放題オプションの有無・その他SIMごとの特徴などをもとに徹底比較・解説します。目的に合わせたおすすめプランの提案もあります。

通話料半額の楽天でんわとG-Callの共通点・違いを比較してみました

格安SIMは有料オプションを別途申し込みしない限り大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)に最初から付いているような無料通話がないのが一般的です。

そのせいで通話した時間に比例して通話料(20円/30秒)がかかってしまうため、電話をする頻度が高い人・時間が長い人は高額請求になってしまう可能性があります。

そんな格安SIMの欠点をカバーしてくれるのが、

という2つのサービスです。

これらは登録無料・月額利用料0円で通話料を半額(10円/30秒)に抑えることができる画期的なアプリであり、高くなりがちな通話料を誰でも簡単に節約できるという特徴があります。

この2つのサービスは非常によく似ているのですが微妙に異なる点もあるため、ここでは共通点・相違点をまとめたいと思います。

楽天でんわとG-Callの共通点

通話SIMでないと使えない

楽天でんわ・G-CallともにIP電話と異なり、電話回線を使用して通話を行うアプリです。

普通の電話と異なる点は、

  • プレフィックス番号を付与して発信する
  • 各社の電話回線を経由して電話する

という点だけであり、通話機能のないSIMカードに新たに電話機能を付け加えるサービスではありません。

従って、データ専用SIMやSMS付きSIMなどでは使うことができませんので、格安SIMと契約するときにはきちんと通話SIMを選ぶようにしましょう。

もし、現在通話SIM以外のSIMカードを契約している場合はプラン変更等で通話SIMへの切り替えができるはずですので、一度検討してみて下さい(ただし、プラン変更ができなかったり、通話SIMが用意されていない格安SIMもあります)。

IP電話より通話料が高い

楽天でんわとG-Call最大の売りは通話料が一般的な格安SIMの半額(10円/30秒)になるという点です。

しかし、これはあくまでも格安SIMの通常の通話料と比べると安いという話であって、あらゆる通話手段を含めた上で通話料を比較するとむしろかなり高額な部類です。

各通話方法の通話料の比較
サービス名称 通話方法 月額基本料金 通話料(国内)
一般的な格安SIMの
通常の電話
電話回線 無料 20円/30秒(= 40円/1分)
楽天でんわ 電話回線 無料 10円/30秒(= 20円/1分)
G-Call 電話回線 無料 10円/30秒(= 20円/1分)
※非課税
050plus IP電話 324円/月 8円/3分(固定電話)
16円/1分(携帯電話)
LaLaCall IP電話 100円/月 8円/3分(固定電話)
18円/1分(携帯電話)
Viber IP電話 無料 3.46円/1分(固定電話)
11.3円/1分(携帯電話)
LINE
(LINE OUT)
IP電話 無料 3円/1分(固定電話)
14円/1分(携帯電話)

もちろん、電話回線を使う楽天でんわ・G-CallとIP電話の優劣が通話料金だけで決まることはありません(IP電話は110や119等の緊急通報ができない等デメリットがある)が、通話料金の安さを優先するならIP電話の方が圧倒的に有利なのは紛れもない事実です。

また、LINEをインストールしている端末同士でLINEの通話機能を使う分には通話料は一切必要ありませんので、家族・友人・恋人間などで通話するだけなら楽天でんわ・G-Callの出番は全くありません。

通話オプションが豊富な格安SIMには勝てない

また、格安SIM同士で比較した場合に関しても、楽天でんわやG-Callは通話料を安くする方法が豊富な他の格安SIMには勝てません。

※追記 : 2017年4月

G-Callでも「5分かけ放題オプション(800円/月)」を使えるようになりました。

公式サイト : G-Callの5分かけ放題オプションの詳細はこちら

以下は、各格安SIMごとの通話料を安くするための通話アプリ・オプションの有無と料金をまとめたものです。

格安SIMごとの通話料を安くする方法の比較
格安SIM 通話料を安くする手段
通話アプリ 通話料 かけ放題
オプション
月額料金 無料通話
オプション
月額料金
IIJmio みおふぉん
ダイヤル
10円/30秒 3分まで無料/回
5分まで無料/回
600円/月
830円/月
なし -
楽天モバイル 楽天でんわ 10円/30秒 5分まで無料/回 850円/月 なし -
mineo なし - なし - 30分まで無料
60分まで無料
840円/月
1,680円/月
DMMモバイル DMM
トーク
10円/30秒 なし - なし -
OCNモバイルONE OCNでんわ 10円/30秒 10分まで無料/回 850円/月 なし -
BIGLOBE SIM BIGLOBE
でんわ
10円/30秒 3分まで無料/回 650円/月 60分まで無料 650円/月
U-mobile U-CALL 10円/30秒 なし - 60分まで無料 800円/月
FREETEL FREETEL
でんわ
10円/30秒 1分まで無料/回
5分まで無料/回
10分まで無料/回
399円/月
840円/月
1,499円/月
なし -
B-mobile b-mobile
電話
10円/30秒 3分まで無料/回 500円/月 なし -
DTI SIM なし - 5分まで無料/回 780円/月 なし -
もしもシークス なし - 5分まで無料/回 850円/月 完全無料 1,800円/月
スマモバ スマート
コール
16円/30秒 なし - なし -
GMOとくとくBB BIGLOBE
でんわ
10円/30秒 3分まで無料/回 650円/月 60分まで無料 650円/月

※楽天でんわで「5分かけ放題」オプションを使うためには、上記の表のように楽天モバイルと契約する必要があります。

ご覧の通り、通話料が半額になる通話アプリが使えるだけでなく、その上で「○分かけ放題」や「無料通話○分」といったオプションが用意されている場合も多いです。

特に、BIGLOBE SIMGMOとくとくBBの格安SIMは通話料半額アプリ・かけ放題オプション・無料通話オプションの全てが使えますし、OCNモバイルONEは他社の5分かけ放題と同程度の料金で10分かけ放題を使えるので、通話に強い格安SIMであると言えます。

5分かけ放題が使えるようになったG-Callはまだしも通話料半額しかない楽天でんわでは、通話料を安くする手段が豊富な格安SIMと比べるとどうしても不利です。

ただ、豊富な通話オプションがあった方が良いか、それでも楽天でんわやG-Callだけで十分なのか、そのあたりは通話機能の使い方によるとしか言えませんので、格安SIMを選ぶ際は自身のスマホの運用方法を一度振り返って見ると良いのではないでしょうか。

緊急通報などはちょっと面倒

  • フリーダイヤル(0120-)
  • ナビダイヤル(0570-)
  • 3桁の電話番号(110や119などの緊急通報等)

といった番号にはプリフィックス番号を付けて発信することができません。

楽天電話・G-Callともにプリフィックス番号なしで普通に発信する機能があるのですが、フリーダイヤルやナビダイヤルにかけるときはまだしも緊急通報をする際にそのような操作を冷静に行えるかどうかはちょっと怪しいと思います。

普段から楽天でんわ・G-Callに慣れすぎてしまうと、いざというときにスムーズに緊急通報ができないというリスクがあるのです。

本来無料の通話先が有料になることがある

合わせてプリフィックス番号の弊害として、本来無料通話できるはずの電話が有料になってしまうケースもあります。

例えば、格安SIMのかけ放題・無料通話オプションに加入しているときに楽天でんわ・G-Callでプリフィックス番号を付けて発信してしまうと、無料通話が適用されずに通話料がかかってしまいます。

プリフィックス番号を付けると通常の電話回線ではなく楽天でんわ・G-Callが大口契約している通信事業者の電話回線を経由して通話をすることになるから、というのがその理由です。

格安SIMのオプションに限らず、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の無料通話でも同様ですので、該当する人は注意しなければなりません。

対策としては先述のフリーダイヤル・ナビダイヤル・緊急通報のときと同様に、プリフィックス番号を付けずに発信すればOKです。

具体的には、楽天でんわは無料通話リストを作成することで、G-Callは発信方法を通常発信として登録しておくことで回避可能です。

詳細は以下の記事を参照して下さい。

格安SIMと通話料の請求先が分かれる

楽天でんわとG-Callは、あなたが契約中(またはこれから契約予定)の格安SIMとは全く関係のない別のサービスです。

従って、格安SIMの月額料金やオプション料金は格安SIMの運営会社に、楽天電話(またはG-Call)は楽天(またはG-Callの運営会社)に支払う必要があります。

要するに、格安SIMを契約しつつ楽天でんわ・G-Callを利用するときには料金の請求が

  • 格安SIMの月額料金 : 契約している格安SIM事業者
  • 楽天でんわ・G-Callの通話料 : 楽天・G-Call

の2つに別れてしまうということです。

あまり実害はないかもしれませんが毎月の総額の把握がちょっと面倒になるため、人によっては通話のしすぎにつながるかもしれません。

楽天でんわとG-Callの異なる点

登録から利用開始までの時間

楽天でんわは利用登録後に楽天でんわアプリをインストールすればすぐに楽天でんわを使えるようになります。

利用登録するためには楽天会員でなければいけませんが、楽天会員自体の登録作業もすぐに終わります。

G-Callは利用登録自体はすぐに終わるものの、アカウントが有効になるまでは1営業日ほどかかるためすぐには使えませんし、土日祝日や連休を挟んでしまった場合は利用開始がもっと遅くなります。

また、通話料等が確認できるサービス「マイG-Call」は約2営業日かかります。

通話料

国内電話

楽天でんわ・G-Callともに一般的な格安SIMの通話料(20円/30秒)の半額の10円/30秒となっています(固定電話宛・携帯電話宛)。

しかし、正確には

  • 楽天でんわ : 10円/30秒(税込10.8円/30秒)
  • G-Call : 10円/30秒(非課税)

であるため、G-Callの方が楽天でんわよりも8%も安いです。

G-Callもこの点を売りにしているのか、G-Callの公式サイトでは「同じ30秒10円でも楽天でんわより8%お得!」と名指しで安さをアピールしています。

従って、国内通話がメインで安さを追求するならG-Callの方がおすすめです。

国際電話

国際電話に関しては、

  • 楽天でんわ : 10円/30秒(アジア・アメリカ・オセアニア・ヨーロッパの32ヶ国)
  • G-Call : 14.5円~/30秒

なので国内通話と同額という超格安の通話料金を実現している楽天でんわの圧勝です。

G-Callには6秒計算というメリットがあるのですが、残念ながら20円/30秒以上かかる国が多いため楽天でんわには手も足も出ません。

なお、国内通話も国際通話も両方かける機会があるという場合は、国内通話はG-Call・国際通話は楽天でんわという感じで使い分けを行うと効果的です。

決済方法

楽天でんわはクレジットカードの他、

  • 楽天銀行デビットカード
  • スルガ銀行デビットカード

に限ってはデビットカードでの決済も可能ですので、デビットカードでの支払いを行える格安SIM(楽天モバイル)などと組み合わせて使いやすいです。

参考 : クレジットカード以外の支払い方法がある格安SIM

一方、G-Callはクレジットカード決済のみとなっています。

特典

楽天でんわはポイント還元

楽天でんわは決済金額100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントによるポイント還元を受けることができます。

また、決済に用いるクレジットカードにを指定すると還元率が2倍(100円につき2ポイント)になります。

貯まったポイントは楽天市場での買い物に使っても良いですし、なら支払いに充てることもできるので月額料金の削減に役に立ちます。

G-Callは紹介者制度で無料通話

G-Callは紹介者制度を設けており、紹介した側・紹介された側にそれぞれ250円分(= 12分30秒)の無料通話ができるポイントが付与されます。

紹介を受けるには、G-Callへ申し込みをするときに「G-Call顧客番号」を入力すればOKです。

G-Call顧客番号に「1264941」を入力すると250円分(12分30秒)の無料通話ができるポイントが貰えます。

G-Call顧客番号に「1264941」を入力すると250円分(12分30秒)の無料通話ができるポイントが貰えます。

逆に紹介をするときは、G-Callに登録すると割り当てられる「お客様番号」を上記の「G-Call顧客番号」に入力してもらえばOKです。

「マイG-Call」の「基本情報」を開くと自身の「お客様番号」を確認できます。

「マイG-Call」の「基本情報」を開くと自身の「お客様番号」を確認できます。

紹介をするときはスマホの通話料が高いと悩んでいる周囲の人にG-Callの存在を教えてあげると良いと思います。

まとめ

格安SIMの中には、全体的なサービスのレベルが優秀なのに通話料が高いがために敬遠してしまうものが結構あります。

例えば、パケットギフト・パケットシェア・フリータンクが便利なmineo(マイネオ)やデータ容量の従量課金制で月額料金を安くできるエキサイトモバイルなどがその筆頭です。

しかし、先述の通り、どの格安SIMとも組み合わせて使うことができる楽天でんわG-Callなら上記のような格安SIMと併用することで通話料が高いという弱点をカバーすることができるため、格安SIMの選択の自由度がかなり広がります。

G-Callにて5分かけ放題オプション(800円/月)に加入しない限りは常に10円/30秒の通話料がかかってしまうことから、電話する頻度が高い・通話時間が長い場合には結局トータルの通話料が高くなってしまう可能性があることは否定できませんが、多くの人にとってはそのデメリットを上回るほどメリットがあることは間違いありませんので楽天でんわ・G-Callは積極的に導入して欲しいと思います。


2017/04/06