格安スマホ・SIM大辞典

多数の格安SIMを価格・データ通信容量・通信速度・速度制限・音声通話・かけ放題オプションの有無・その他SIMごとの特徴などをもとに徹底比較・解説します。目的に合わせたおすすめプランの提案もあります。

デビットカード・口座振替で契約できる格安SIMの比較

特徴

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の支払いは、クレジットカード・口座振替・請求書払いなど複数の方法から好きなものを選ぶことができますが、格安SIMではクレジットカード払い一択であることが極めて一般的です。

これは全てのユーザーの支払い方法を統一すること・請求処理に必要な事務作業を削減することで運営にかかるコストを圧縮し、少しでも安くサービスを提供しようとする格安SIMの大きな特徴の一つとなっています。

普通にフルタイムで働いている人であれば、正社員はもちろん非正規(派遣社員・契約社員・アルバイトなど)でもクレジットカードは簡単に作ることができるため全く問題にならないのですが、主婦・学生など安定した収入源を持たない職業の人や、何らかの事情(自己破産など)によりクレジットカードを持つことができない人にとっては、格安SIMを契約する上での大きな障害となってしまいます。

しかし、格安SIMの中にはクレジットカード以外の支払い方法(デビットカードや口座振替など)に対応しているところもあり、クレジットカードなしでも契約することができますのでご安心下さい。

発行しやすいクレジットカード

とはいえ、クレジットカード以外の支払い方法を選べる格安SIMは数少ないため、支払い方法を限定することは格安SIMの選択肢を狭めてしまうというデメリットに繋がります。

従って、自己破産者等の絶対にクレジットカードを持てない人以外は、一度クレジットカードの発行を検討してみることをオススメします。

ただし、申し込み時の記載内容を偽る(無職なのに会社員として申し込む等)のは厳禁ですので注意して下さい。

デビットカード発行でキャッシュバックを受け取る方法

デビットカードを発行するときは、以下の記事で紹介している手順で申し込みを行えばキャッシュバックを受け取ることができます。

楽天銀行デビットカードを発行してキャッシュバックを受け取る方法
デビットカードとは?デビットカードとは、クレジットカードのようにお店やネットショップでの支払いに使えるカードのことです。クレジットカードのような後払いとは異...

普通に申し込みをするよりもお得ですので、是非参考にしてみて下さい。

比較一覧と解説

デビットカードや口座振替など、クレジットカード以外の支払い方法が選べる格安SIMは以下の通りです。

クレジットカード以外の支払い方法が選べる格安SIM
格安SIM・プラン名 クレジットカード以外の
支払い方法
備考
詳細 デビットカード 以下のどちらかのみ
・楽天銀行デビットカード
・スルガ銀行デビットカード
詳細 LINE Payカード
詳細 口座振替 eo光ネット契約者のみ
詳細 口座振替
詳細 口座振替 データSIMのみ
詳細 デビットカード? 詳細は後述
詳細 デビットカード? 詳細は後述
詳細 口座振替 既存のぷらら会員のみ
詳細 口座振替 実店舗での申し込み時のみ
詳細 口座振替
詳細 口座振替
詳細 口座振替 データ通信専用SIMを
「いちねん契約」するときのみ
※1年分の料金を一括払い

一応、一通り並べてみたものの、データSIMのみが対象だったり別途光回線を契約していなければダメだったりする格安SIMもありますので、そういったところを除くと誰でも申し込みができる格安SIMは更に限定されてしまいます。

以降は各格安SIMの特徴を解説していきますが、以下の格安SIMは口座振替を選択できる条件が限定されており使い勝手が悪いためこれ以上は触れません。

デビットカードで支払いができる

楽天モバイル

楽天モバイルでは、

  • 楽天銀行デビットカード
  • スルガ銀行デビットカード

に限り、デビットカードでの支払いも可能となっています。

デビットカードは決済時に登録している銀行口座の残高から即座に引き落とすという仕組みでありクレジットカードのような後払いではないため、審査なしで誰でも発行できるというメリットがあります。

楽天モバイル自体も格安SIMとしては使いやすいため、クレジットカード以外の支払い方法に限定して格安SIMを探しているのならば非常におすすめです。

契約後は楽天スーパーポイントでの支払いも可能です(ポイントの稼ぎ方はこちら)。

NifMo

NifMo(ニフモ)では、公式サイトには以下のような記述があることから、一部のデビットカードでの支払いを行うことができるようです。

クレジットカードでのお支払い

※ 月額利用料金のお支払い方法をクレジットカード払いとされた場合、契約ご本人名義のクレジットカード払いとなります。
デビットカード、海外発行のクレジットカードにつきましては、ご登録いただけない場合があります。

http://nifmo.nifty.com/price/payment.htm

「ご登録いただけない場合がある」ということは「大抵は登録できる」と解釈することができるため、デビットカードによる支払いが可能であることを意味しているものと思われます。

ここで問題になるのは「どのデビットカードなら支払い可能なのか?」という点ですが、楽天モバイルを契約可能な

  • 楽天銀行デビットカード
  • スルガ銀行デビットカード

ならば使える可能性が高いのではないでしょうか。

UQモバイル

UQ mobile(UQモバイル)に関しても公式サイトに以下のような記述があるため、デビットカードによる支払いにも対応しているものと考えられます。

月額料金の支払いにデビットカードは使えますか?

一部の発行元を除きデビットカードはご利用いただけません。
ご利用のデビットカードで毎月の通信料金のお支払いができるかは、デビットカード発行元会社にお問い合わせください。

http://www.uqwimax.jp/support/mobile/faq/detail_184799.html

LINE Payカードで支払いができる

LINEモバイル

LINEモバイルでは、LINEが展開しているLINE Payカードでの支払いが可能です。

LINE Payカードはプリペイドカードなので審査不要で誰でも持てますし、コンビニ(ローソンやファミリーマートなど)で簡単に購入できます。

クレジットカード不要!LINE PayカードでLINEモバイルへ申し込みする方法
格安SIMの多くはクレジットカードがなければ契約することができません。しかし、LINE株式会社が運営しているは「LINE Payカード」があればクレジットカードがなくても契...

チャージはコンビニ店頭・銀行口座・Pay-easy(ATM・インターネットバンキング等からチャージ可能)などから行えますが、銀行口座を使ってオートチャージを設定すれば「LINE Payカードの残高 = 銀行口座の残高」とみなせるため、実質的に口座振替のような感覚でLINEモバイルを契約することができます。

利用金額100円ごとにLINEポイントが2ポイントが貯まるというメリットがあるため、LINEのスタンプなどを購入する機会が多い人におすすめです。

口座振替で支払いができる

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEでは、口座振替による契約が可能です。

申し込み時に書類の郵送が必要となるため開通に時間がかかってしまうという欠点がありますが、プランの内容は悪くありません。

また、ONEモバイルONEはNTTコミュニケーションズ株式会社が運営しているシェアNo.1の格安SIMですので大手の安心感を求める人には向いていると思います。

ワイモバイル

Y!mobile(ワイモバイル)では、口座振替による契約が可能です。

ただ、データSIMは月額料金が高く、通話SIMは2年縛りがあることから契約するメリットがあまりないためおすすめしません。

@モバイルくん。

@モバイルくん。では、口座振替による契約が可能です。

データSIMしかありませんので、通話SIMが欲しい場合は検討対象となりません。

また、データSIMについても楽天モバイルの方が良い(月額料金や運営会社の知名度など)ので、やはり検討対象になりません。

2018/02/07