格安スマホ・SIM大辞典

多数の格安SIMを価格・データ通信容量・通信速度・速度制限・音声通話・かけ放題オプションの有無・その他SIMごとの特徴などをもとに徹底比較・解説します。目的に合わせたおすすめプランの提案もあります。

音声通話SIMの最低利用期間がない・短い格安SIM

特徴

格安SIMで音声通話SIMを契約(MNP転入を含む)すると、

  • 最低利用期間 : 約1年(12ヶ月)
  • 違約金 : 約1万円

という条件が設定されていることが一般的です。

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の2年縛り・自動更新(更新月あり)と異なり、最低利用期間を過ぎてしまえばいつでも違約金なしで解約できるという点が格安SIMの大きなメリットの一つでもあります。

また、格安SIMの中には上記よりも短い最低利用期間が設定されていたり、そもそも最低利用期間がない(いつ解約しても違約金がない)利便性の高いものも結構ありますので、ここではそのような格安SIMを紹介したいと思います。

※データ通信専用SIM・SMS付きSIMは最低利用期間・違約金ともにないことが普通なので特に取り上げたりはしません。

しかし、最低利用期間が短いからといって頻繁にキャリアを変えるのは手間がかかりますので、最低利用期間の短さよりも使いやすい機能(初速バースト転送など)の有無などに重点をおいて格安SIMを選ぶ方が良いと思います。

「最低利用期間・違約金なし」の罠

格安SIMの中には音声通話SIMの最低利用期間と違約金がないと謳っているものもいくつかありますが、そういった格安SIMを見かけたときに一つだけ注意しなければならない点があります。

そのような格安SIMは、「解約」する場合は本当に最低利用期間も違約金もない一方で、「MNP転出」する場合はMNP転出手数料が通常(約3,000円)よりも高額(約10,000円)になってしまうからです。

要するに、当該の格安SIMを契約(MNP転入を含む)した後に短期間でMNP転出するときは結局高額な出費が発生してしまうというわけです。

「違約金」ではなく「MNP転出手数料」が高額になるので「違約金なし」という表現は間違ってはいないのですが、「違約金なし」と大きな文字で謳っている割にはMNP転出手数料が高額になる旨は分かりにくいところに書かれていたりしますので、「最低利用期間・違約金なし = MNP転出もペナルティなし」と間違った解釈をしないように気を付けなければなりません。

このあたりは格安SIMのモラルの問題も絡んできますが、ユーザーの立場としては解約またはMNP転出時の費用が高額なのかどうかが重要なのであって、その費用名目が「違約金」なのか「MNP転出手数料」なのかはハッキリ言ってどうでも良いことです。

「違約金なし」という文言は確かにインパクトがありユーザーの興味を惹き付けるためには非常に効果的ではあるものの、結局短期間でMNP転出するときは高額な出費から免れることはできませんので、「『違約金』は存在しないけど、短期間でMNP転出するときは『MNP転出手数料』が高額になります。」という旨をサイト内の分かりやすい位置に大きな文字で書いておいて欲しいと思います。

「最低利用期間・違約金なし」の使い道

とはいえ、先述の通り「最低利用期間・違約金なし」の格安SIMは「解約」するならペナルティなしで済むことから、仕事などの都合で一時的にサブの電話が欲しいときなどにはかなり役に立つと思います。

必要な期間だけ契約して不要になったら解約、ということができるのは大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)や他社の格安SIMにはない大きなメリットだと言えます。

比較一覧と解説

以下は音声通話SIMの最低利用期間が短い(またはない)格安SIMの一覧です。

最低利用期間が短い格安SIMの比較
格安SIM 対象SIM 最低利用期間 違約金
詳細 最低利用期間・違約金なし
ただし、通話SIMの12ヶ月以内のMNP転出は
MNP転出手数料が11,500円(13ヶ月目以降は2,000円)
詳細 通話SIM 6ヶ月 8,000円
詳細 通話SIM 6ヶ月 8,000円
詳細 通話SIM 6ヶ月 6,000円
3GB・5GB・MAX(25GB)プランのみ
詳細 ただし、通話SIMの12ヶ月以内のMNP転出は、
MNP転出手数料が「15,000円 - 契約月数 * 1,000円」
(13ヶ月以降は2,000円)
詳細 通話SIM 6ヶ月 8,000円
詳細 通話SIM 5ヶ月 8,000円
詳細 最低利用期間・違約金なし
ただし、通話SIMの180日以内のMNP転出は
MNP転出手数料が8,000円(181日目以降は3,000円)
詳細 最低利用期間・違約金なし
ただし、通話SIMの12ヶ月以内のMNP転出は
MNP転出手数料が11,000円(13ヶ月以降は3,000円)

最低利用期間は6ヶ月・違約金は8,000円という組み合わせが多いです。

これらの格安SIMは契約から半年が経過したら違約金なしで解約・MNP転出できますし、違約金を払う覚悟で短期間で解約・MNP転出したとしても格安SIMにおける違約金の相場よりも少ない出費で済むという利点があります。

また、最低利用期間・違約金ともになしという格安SIMもいくつかありますが、先述の通り短期間での解約はMNP転出手数料が高額になるという罠がありますので要注意です。

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)のプランと月額料金
高速通信
データ容量
プラン
(回線)
タイプ(SIMカードの種類)・月額料金
シングルタイプ デュアルタイプ
データ専用 SMS付き 音声通話(SMS付き)
500MB/月 D(ドコモ回線) 700円/月 820円/月 1,400円/月
A(au回線) 1,310円/月
1GB/月 D(ドコモ回線) 800円/月 920円/月 1,500円/月
A(au回線) 1,410円/月
3GB/月 D(ドコモ回線) 900円/月 1,020円/月 1,600円/月
A(au回線) 1,510円/月
5GB/月 D(ドコモ回線) 1,580円/月 1,700円/月 2,280円/月
A(au回線) 2,190円/月
10GB/月 D(ドコモ回線) 2,520円/月 2,640円/月 3,220円/月
A(au回線) 3,130円/月

mineo(マイネオ)は最低利用期間・違約金ともにありませんが、12ヶ月以内のMNP転出はMNP転出手数料が11,500円になります(13ヶ月以降は2,000円)。

しかし、mineo自体は非常に使いやすい格安SIM(余ったデータを家族等のユーザー同士で共有できるパケットシェア・初速バースト転送家族割50円など)ですので短期間で解約したいという気持ちになることはまずないのではないかと思います。

万が一解約したくなるとしたら他社に比べて通話料が高くなってしまいがちであるという点でしょうか。

誰でも通話料が半額(10円/30秒)になる楽天でんわまたはG-Callと併用すれば基本的に問題ないとはいえ、通話の頻度が高く時間も長いという人はもしかしたら短期間で解約したくなってしまうかもしれません(かけ放題・無料通話などがある格安SIMはこちら)。

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEのコースと月額料金
コース名・データ容量 SIMカード・月額料金
データ通信専用SIM SMS対応SIM 050 plusつきSIM
(SMSあり)
音声対応SIM
(SMSあり)
110MB/日コース 900円/月 1,020円/月 1,050円/月 1,600円/月
170MB/日コース 1,380円/月 1,500円/月 1,530円/月 2,080円/月
3GB/月コース 1,100円/月 1,220円/月 1,250円/月 1,800円/月
6GB/月コース 1,450円/月 1,570円/月 1,600円/月 2,150円/月
10GB/月コース 2,300円/月 2,420円/月 2,450円/月 3,000円/月
500kbpsコース(15GB/月) 1,800円/月 1,920円/月 1,950円/月 2,500円/月

OCNモバイルONEは最低利用期間が6ヶ月・違約金が8,000円です。

プランの内容や月額料金には特筆すべき点はありませんが、口座振替で契約できるクレジットカード不要の格安SIMの一つであるという点が大きな特徴です。

口座振替が可能なおかげでクレジットカードが持てない職業や何らかの事情を抱えている人でも使えるため大変貴重です。

また、初速バースト転送で読み込めるデータ量が150KBと他社よりも大きいというメリットもあります。

NifMo

NifMoのプランと月額料金
データ容量 月額料金・SIM種別
データ通信専用 SMS対応 音声通話対応
(データ通信・SMS)
3GB/月 900円/月 1,050円/月 1,600円/月
5GB/月 1,600円/月 1,750円/月 2,300円/月
10GB/月 2,800円/月 2,950円/月 3,500円/月

NifMo(ニフモ)は最低利用期間が6ヶ月・違約金が8,000円です。

インターネットサービスプロバイダの「nifty」や新電力の「@niftyでんき」などとセット契約すると最大450円/月の割引を受けられる、初速バースト転送により低速通信になっても速い、無料でWi-Fiスポットを使えるといったメリットがあります。

一方で、高速通信をOFFにできない(高速通信データ容量を使い切るまでは常に高速通信せざるを得ない)ことから、データ容量の節約がしづらいというデメリットを持っています。

U-mobile

U-mobileのプラン・料金
プラン データ容量 SIM・月額料金
データ専用
(SMSなし)
SMS付き 通話プラス
(SMSあり)
3GB 3GB/月 - - 1,580円/月
5GB 5GB/月 - - 1,980円/月
U-mobile MAX 25GB/月 2,380円/月 2,530円/月 2,880円/月

U-mobile(ユーモバイル)の上記プランは最低利用期間6ヶ月・違約金6,000円であり、違約金が一番安い設定となっています。

街中のWi-Fiスポットを無料で使えるというメリットがありますが、高速通信をOFFにできないという欠点がありデータ容量を節約しづらいです。

また、速度制限の基準が公開されておらず一切不明なのでいつ通信制限がかかるのか戦々恐々としながら使わなければならないという残念な格安SIMでもあります。

最低利用期間の短さ・違約金の安さは嬉しいのですが、格安SIMを選ぶ際の決め手になるわけではないので他社の同程度のデータ容量のプランを選んだ方が使い勝手が良いと思います。

FREETEL

プラン・月額料金の一覧はこちらを参照

FREETEL(フリーテル)は最低利用期間・違約金ともにありませんが、契約から12ヶ月以内にMNP転出すると「15,000円 - 契約月数 * 1,000円」のMNP転出手数料が必要となります(13ヶ月以降は2,000円)。

定額制のプランと段階定額制(従量課金制)のプランを選ぶことができてどちらもデータ容量の選択肢が豊富ですが、低容量プラン以外は普通~やや高額です。

あまりスマホを使わないという人は低容量プランを契約すると維持費を安くできるためおすすめです。

ぷららモバイルLTE

ぷららモバイルLTEのプラン・料金
プラン データ容量 SIM・月額料金
データ専用
(SMSなし)
データ専用
(SMSあり)
音声通話付き
(データ・SMSあり)
定額ライト 110MB/日 900円/月 1,050円/月 1,600円/月
定額(7GB) 7GB/月 1,886円/月 2,036円/月 2,586円/月
定額無制限(上下最大3Mbps) 制限なし 2,760円/月 2,910円/月 3,460円/月

ぷららモバイルLTEは最低利用期間が6ヶ月・違約金が8,000円です。

「ぷらら光」とのセット契約で毎月200円の割引を受けられる・定額無制限プラン(3Mbps)があるといった点は評価できますが使えるプランが定額(7GB)と定額無制限プランしかないこと、定額(7GB)は高速通信のON/OFFを切り替えできない・余ったデータ容量を繰り越しできないといったデメリットがあるため、微妙な格安SIMです。

悪いとまでは言えませんが、積極的に選ぶ理由もないと言えます。

b-mobile

b-mobileのプラン・料金
プラン データ容量 SIMカード・月額料金
データ専用
(SMSなし)
SMS付き 音声付き
おかわりSIM
(従量課金制)
1GB/月まで 500円/月 630円/月 1,300円/月
2GB/月まで 750円/月 880円/月 1,550円/月
3GB/月まで 1,000円/月 1,130円/月 1,800円/月
4GB/月まで 1,250円/月 1,380円/月 2,050円/月
5GB/月まで 1,500円/月 1,630円/月 2,300円/月
25GB定額 25GB/月 2,380円/月 2,510円/月 3,180円/月
ライトプラン
(VAIO Phone限定)
1GB/月 - - 980円/月
高速定額
(VAIO Phone限定)
無制限 - - 1,980円/月

b-mobile(ビーモバイル)は最低利用期間5ヶ月・違約金8,000円であり、最低利用期間が一番短いです。

段階定額制(従量課金制)のおかわりSIMや大容量を安価で使える25GB定額は特徴的で良いのですが、普通のプラン(3GB/月5GB/月など)が欲しい人のニーズを満たすことができないため、b-mobileを契約したいと思うユーザーはあまりいないかもしれません。

イオンモバイル

イオンモバイルのプラン・料金
データ容量 プラン(SIMカード)・月額料金
データプラン
(SMSなし)
データプラン
(SMS付)
音声プラン
(データ・SMS付)
シェア音声プラン
(通話SIM1枚
+ データSIM2枚)
500MB/月 - - 1,180円/月 -
1GB/月 480円/月 620円/月 1,280円/月 -
2GB/月 780円/月 920円/月 1,380円/月 -
4GB/月 980円/月 1,120円/月 1,580円/月 1,780円/月
6GB/月 1,480円/月 1,620円/月 1,980円/月 2,280円/月
8GB/月 1,980円/月 2,120円/月 2,680円/月 2,980円/月
12GB/月 2,680円/月 2,820円/月 3,280円/月 3,580円/月
20GB/月 4,480円/月 4,620円/月 4,980円/月 5,280円/月
30GB/月 6,480円/月 6,620円/月 6,980円/月 7,280円/月
40GB/月 7,480円/月 7,620円/月 7,980円/月 8,280円/月
50GB/月 10,300円/月 10,440円/月 10,800円/月 11,100円/月

イオンモバイルは最低利用期間・違約金ともにありませんが、180日以内のMNP転出はMNP転出手数料が8,000円になります(181日以降は3,000円)。

回線の中身は高い信頼性で有名なIIJmio(みおふぉん)ですので回線の品質は全く問題ありませんし、高速通信時は速度制限なし・高速通信のON/OFFを切り替えできる・余ったデータ容量を繰り越せるといった便利な機能が一通り付いていますのでおすすめできる格安SIMです。

実店舗(全国212店舗・2016年12月現在)でも契約できるため、契約前に対面で色々と聞いておきたいという人にも向いています。

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE

ワイヤレスゲートのプラン・料金
プラン 通信速度
(最大)
SIMカード・月額料金 利用可能
Wi-Fiスポット
データ専用 SMS 音声通話
音声+Fonプレミアムプラン 3Mbps - - 2,980円/月 BBモバイルポイント
/eoモバイルWiFi/Wi2
/Fon

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEはは最低利用期間・違約金ともにありませんが、12ヶ月以内のMNP転出はMNP転出手数料が11,000円になります(13ヶ月以降は3,000円)。

高速通信できない代わりに街中のWi-Fiスポットを沢山使えるという変わった特徴のある格安SIMです。

そのコンセプト自体は悪くないのですが、通話SIMは3Mbpsの回線速度のせいでやや高めの料金設定となっているため人を選ぶプランだと言えます。

2017/03/03