格安スマホ・SIM大辞典

多数の格安SIMを価格・データ通信容量・通信速度・速度制限・音声通話・かけ放題オプションの有無・その他SIMごとの特徴などをもとに徹底比較・解説します。目的に合わせたおすすめプランの提案もあります。

クレジットカード不要!LINE PayカードでLINEモバイルへ申し込みする方法

格安SIMの多くはクレジットカードがなければ契約することができません。

しかし、LINE株式会社が運営しているLINEモバイルは「LINE Payカード」があればクレジットカードがなくても契約することができるという大きな特徴があります。

また、詳しくは後ほど説明しますが銀行口座を使って「LINE Payカード」へのオートチャージを設定すれば実質的に口座振替とみなすこともできるので、「LINE Payカード」は非常に便利です。

以降では、LINE Payカードの特徴と発行方法・利用登録方法、LINE Payカードを用いてLINEモバイルを契約する方法について解説していきます。

LINE Payカードとは?

LINE Payカードは、LINE株式会社が発行しているプリペイドカードのことです。

LINE PayカードでLINEモバイルへ申し込みする方法

発行手数料・維持費ともに無料で、コンビニなどですぐに購入できます。

JCB加盟店で使える

JCBブランドのプリペイドカードなので全国約3,000万店舗のお店やネットショップなどでJCBのクレジットカードと同じように支払いに使うことができるという非常に便利な特徴があります。

その他、LINEのおサイフサービスである「LINE Pay」に対応しているお店でも支払いに使うことができます。

ただし、クレジットカードではないので分割払いや毎月の引き落としが発生する月次決済(電気料金の支払いなど。LINEモバイルの支払いは除く。)には対応していません。

誰でも持てる

クレジットカードと異なり、チャージした残高の分だけ支払いに使えるという仕組みなのでカード発行に収入・資産・職業等の審査がありません。

クレジットカードだとこの審査がネックとなり安定した収入がない学生・主婦・無職の人や自己破産者などはクレジットカードを持つことができない場合が多いのですが、LINE Payカードは審査がないおかげでLINEアカウントさえあれば誰でも持つことが可能です。

オートチャージできる

LINE Payへのチャージは

  • 銀行口座
  • コンビニチャージ
  • Pay-easy

の3種類の方法を選択することができます。

そして、銀行口座を選んだ上でオートチャージの設定(詳しくは後述)を済ませておけば残高が設定金額を下回る度に自動的にチャージが行われるため実質的に「LINE Payカードの残高 = 銀行口座の残高 ≒ 口座振替(口座引き落とし)のように使える」となり、残高不足で支払いができなくなる危険性がほぼなくなります

LINEモバイルの支払いは毎月請求が発生することからLINE Payカードの残高に常に気を配る必要があるのですが、オートチャージを設定しておけばそのような心配に頭を悩ませる必要がなくなるということです。

チャージ(オートチャージ)用としてLINE Payカードに登録することができる銀行は以下の通りです。

チャージ用として登録可能な銀行

- みずほ銀行
- 三井住友銀行
- 三菱東京UFJ銀行
- りそな銀行
- 埼玉りそな銀行
- 横浜銀行
- 伊予銀行
- 滋賀銀行
- 百五銀行
- 福岡銀行
- 親和銀行
- 秋田銀行
- 十六銀行
- 熊本銀行
- 千葉銀行
- 北洋銀行
- 八十二銀行
- 鳥取銀行
- 静岡銀行
- 愛媛銀行
- 百十四銀行
- 北海道銀行
- 北陸銀行
- 常陽銀行
- 足利銀行
- ゆうちょ銀行

https://help.line.me/line?contentId=20003235&country=JP

ゆうちょ銀行もOKなので必要な口座を持っていない(または新規に口座を開設できない)という人は多分いないと思います。

LIENポイントを2%還元

決済した金額の2%がLINEポイントとして還元されるという特徴もあります。

2%というと大したことがないように思えるかもしれませんが、LINE Payカードの2%還元というのは主要なクレジットカードなどを含めてもかなりの高還元率だと言えます。

例えば、私が普段使っているJALカードの還元率は0.5%(= 200円で1マイル)ですし、年3,000円の有料オプションに加入しても1%(= 100円で1マイル)にしかなりません。

還元率が2%となるのは有料オプションに加入した上で特定の店舗を利用したときのみという非常に限られたケースのみです。

また、LINE Payカードと同じく気軽に使える主要な電子マネーの還元率は、

  • nanaco : 1%(= 100円で1ポイント)
  • WAON : 0.5%(= 200円で1WAONポイント)
  • Suica : 0.5%(= 1,000円で5円分のポイント)

といった感じです。

無条件で常時2%の還元率を誇るLINE Payカードがいかにお得なのか分かって頂けると思います。

貯まったLINEポイントはLINE Payの残高に「1pt = 1円」で追加できる他、以下のような使途・交換先が用意されていて汎用性が高いです。

LINEポイントの使途・交換先

  • LINE STORE
  • LINE コイン
  • LINE MUSICクーポン
  • Amazonギフト券
  • nanacoポイント
  • JALマイレージバンク
  • メトロポイント
  • Pontaポイント
  • etc

LINEモバイルを契約できる

格安SIMのLINEモバイルは基本的にクレジットカード以外の支払い方法がないのですが、例外的にLINE Payカードは決済方法として認められています。

クレジットカードがなくても申し込めますか?

LINEモバイルのお申し込みにはクレジットカード⋅LINE Payカード、またはLINE Payが必要です。

・・・中略・・・

LINE Payカードをお持ちの方は、LINE Payカードに記載してある16桁の番号をクレジットカード番号入力欄に入力いただければOKです。

の「よくある質問・ヘルプ」より

先述の通り、LINE Payカード自体が銀行口座やコンビニで残高をチャージすることができるので、要するに「LINE Payカードがあればクレジットカード不要でLINEモバイルを契約できる」ということを意味しています。

安定した収入のない学生・主婦・無職の人や自己破産者はクレジットカードの発行審査で弾かれる可能性が高いので、LINE PayカードとLINEモバイルの組み合わせは正に救世主のような存在です。

残高不足には注意

LINE PayカードでLINEモバイルを契約する場合は残高不足には気を付けましょう。

仮に残高を超える請求が発生した場合は料金の支払いをできなくなってしまうからです。

1~2回程度であれば後から支払えば見逃してもらえるかもしれません(私見なので保証はできません)が、何度も引き落としの失敗が続くと最悪強制的に契約を解除されてしまうこともあるため残高不足だけは絶対に避けなければなりません。

とはいえ、オートチャージ設定をしておけば残高を超える請求が発生した時点で自動入金が行われるのでLINE Payカードが残高不足にならず安心です。

※オートチャージの設定方法は後述の通りです。

ただし、オートチャージの設定をした後も入金元である銀行口座の残高が不足するとオートチャージができなくなってしまうため、銀行の残高には注意を払っておく必要があることを忘れないようにしましょう。

LINE PayカードでLINEモバイルを申し込む方法

LINE Payカードを入手する

LINE Payカードを入手する方法は、

の2種類があります。

どちらでも良いのですが、公式サイトから申し込みをすると自宅に届くまでに約1~2週間の時間がかかるのですぐにLINE Payカードが欲しいならお店で購入する方が早いです。

LINE Payカードを購入できるお店

・コンビニ
ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、スリーエフ、ポプラ、コミュニティ・ストア

・その他
ツルハグループ(ツルハドラッグ・くすりの福太郎・ドラッグストア ウェルネス・ウオンツ・くすりのレデイ・メディコ21)

http://official-blog.line.me/ja/archives/66726755.html

お店で購入するときは店内に売っているLINE Payカードをレジに持っていくと店員さんにチャージ金額を聞かれますので、1,000~10,000円の範囲でチャージします。

LINEモバイルの支払いに用いるなら後からオートチャージの設定をするため、とりあえず最低金額の1,000円をチャージしておけば良いと思います。

なお、お店で購入する方が手っ取り早いので以降はお店で購入してきた前提で話を進めます。

LINEプリペイドカードに注意

お店には「LINE Payカード」の他に「LINEプリペイドカード」が販売されています。

名前も見た目も似ていますが、両者は別物ですので注意して下さい。

「LINE Payカード」のパッケージ

LINEプリペイドカードはLINE Storeでの支払いにしか対応していないので、LINEモバイルの決済には使用できません。

利用開始手続きをする

LINE Payカードを購入してきたら早速利用開始手続きを行いましょう。

LINE Payカードのパッケージを開けると「右のQRコードから利用開始手続きを行なってください。」という文言とともにQRコードが記載されています。

そのQRコードをLINEのQRコードリーダーで読み込みます。

右上の四角いモザイクのようなものが「QRコードリーダー」機能です。

QRコードリーダーでQRコードを読み取っているところ。

するとLINE Payの画面が開き、いままでにLINE Payを使ったことがなければ初期設定が始まります。

利用規約・プライバシーポリシー等が表示されたら内容を確認して「全てに同意」→「同意します」の順でタップします。

6桁の数字でパスワードを設定します。確認のために2回入力を求められます。

LINE Payカードの裏面に記載されている「セキュリティコード(3桁の数字)」を確認します。

セキュリティーコードを入力して「次へ」をタップします。すると、お店でチャージした金額が表示されますので間違いがなければ「OK」をタップします。

セキュリティコードを入力。

お店でチャージした金額が記載されているはずです。

パスワードを入力すると利用開始手続きが完了し、LINE Payの残高にチャージした金額が追加されます。

先程設定した6桁の数字がパスワードです。

利用開始手続きが完了すると残高に反映されます。

銀行口座を登録する

続いて、LINE Payカードと銀行口座の紐付けを行います。

「LINE Pay」→「チャージ」の順にタップします。

メニューが表示されるので「銀行口座」をタップします。

銀行の一覧が表示されたら自身が使っている銀行を選びましょう。私は「三菱東京UFJ銀行」がメインバンクなのでここでは「三菱東京UFJ銀行」を選びますが、以降の手順は他の銀行を選んでも大差ないと思います。

LINE Payの利用規約が表示されるので最後までスクロールして目を通した後に「同意します」をタップします。

氏名・生年月日・銀行口座情報(支店名・口座番号・預金種目)・職業・LINE Payの利用目的・住所などを入力して「次へ」をタップします。

以降は選んだ銀行ごとに表示される画面の内容が異なりますので、画面の指示に従って手続きを進めて下さい。基本的には確認事項が続くだけのはずです。

手続き開始。
※画像は三菱東京UFJ銀行の場合

手続き完了。
※画像は三菱東京UFJ銀行の場合

以上で銀行口座の登録手続きは終わりです。LINE Payメニューから「チャージ」→「銀行口座」を選ぶと登録した銀行口座情報が表示されます。

本人確認を行う(ゆうちょ銀行の場合のみ)

銀行口座の登録が完了した時点で本人確認も自動的に完了するのですが、例外としてゆうちょ銀行だけは別途本人確認の手続きが必要です。

ゆうちょ銀行以外をチャージ用の銀行として使う場合はこの部分は飛ばしてしまって問題ありません。

本人確認は、

  1. 身分証を写真撮影してアップロードする
    (運転免許証・カード型健康保険証・在留カード・特別永住者証明書・写真付き住民基本台帳カードのいずれか1点)
  2. LINE株式会社から発送される郵便物を受け取る

という2段階で行われ、身分証の提出だけでは完了しません(郵便物を受け取らなければ本人確認手続きはキャンセルになります)

身分証のアップロードは、LINE Payのメニューから「設定」→「本人確認」→「身分証のアップロード」から行います。

上の画像では「完了」と記載されています(銀行口座登録済みのため)が、ゆうちょ銀行の場合はタップで本人確認用の画面が開きます。

「身分証のアップロード」をタップして本人確認用の書類を提出します。

オートチャージの設定をする

銀行口座の登録(+ ゆうちょ銀行は本人確認も)が終わったら、オートチャージの設定を行います。

オートチャージを設定することで実質的に「LINE Payカードの残高 = 銀行口座の残高」となりますので、銀行口座の残高にだけ注意しておけばLINEモバイルの引き落としに失敗することがなくなって安心です。

LINE Payのメニューから「チャージ」→「オートチャージ」の順にタップします。

「オートチャージ」のボタンをタップしてONにした後、「オートチャージ条件(残高がいくらを下回ったらチャージするのか?)」・「オートチャージ金額(一度にチャージする金額)」を設定します。

初期設定は「オートチャージ条件」が3,000円、「オートチャージ金額」が5,000円です。

条件・金額ともに自由に設定して良いのですが、LINEモバイルの1ヶ月分の料金を確実に支払えるだけの残高を下回らないように設定しておくべきです。

なお、残高が1,000円の状態で「オートチャージ条件 : 1,000円」・「オートチャージ金額 :1,000円」に設定して試しに500円の買い物を行なってみたところ、実際に1,000円がオートチャージされました。

赤で囲った部分がオートチャージの履歴です。

LINEモバイルへ申し込みを行う

LINE Payカードの利用開始手続き・オートチャージ設定が終わったら、早速LINEモバイルへの申し込みを行いましょう。

以下のバナーから申し込み手続きをすることができます。

支払い方法を選ぶときは「クレジットカード / LINE Payカード」を選べばOKです。

支払い方法の中には「LINE Pay」という項目もありますが「LINE Pay」を選んではいけません。

なお、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)からLINEモバイルへMNP転入する方法・手順はこちらで解説しています。

注意点

以上の通り、LINE Payカードを使えばLINEモバイルを契約できて非常に便利です。

しかし、いくつか気を付けておいた方が良い点があります。

オートチャージ条件・金額に注意

オートチャージを設定しておけば「LINE Payカードの残高 = 銀行口座の残高」とみなせるというのは先述の通りです。

しかし、LINEモバイルの1ヶ月分の料金を確実に支払えるだけの残高を常に保持できるようなオートチャージ条件・金額を設定しておかなければなりません。

というのも、例えば

  • 残高 : 2,000円
  • オートチャージ条件 : 1,000円
  • オートチャージ金額 : 5,000円

のときにLINEモバイルの請求金額が3,000円だと残高不足で料金の引き落としができないという事態に陥ってしまうからです。

電子マネーのWAONだと残高よりも請求金額の方が大きいときは必要な残高が確保できるまでオートチャージを行なってくれるのですが、LINE Payカードではそのようなオートチャージは行われない(実際に試してみました)ため、残高よりも請求金額が高くなるようなことがあったら一発でアウト(= 料金の滞納)です。

どの程度の残高をキープすれば良いのかはLINEモバイルの使い方次第(SIMカードの機能やプランによる)であるものの、常に1万円の残高が保たれるようにオートチャージ条件・金額を設定しておけば残高不足で引き落としができないことはまずあり得ないのではないかと思います。

残高は必要最低限だけにしよう

LINE Payカードには、万が一不正利用されてしまった場合に備えた利用者補償制度があります(2015年2月スタート)。

【LINE】モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」、LINE Pay全ユーザーを対象に利用者補償制度を導入

https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2015/919

保証限度額は基本的に10万円までで、本人確認済みのユーザーは10万円超の被害があれば利用状況などに応じて個別に検討する、ということのようです。

※「銀行口座の登録」または「本人確認書類の提出」を行った時点で本人確認済みとなりますので、「オートチャージ設定済み = 本人確認済み」です。

この内容を

  • 「10万円を超えても補償してくれるから安心!」
  • 「10万円を超えると補償されない場合がありそう・・・」

のどちらだと判断するのかは人によると思いますが、安全策を取るなら確実に補償されるのは10万円までであるとみなすべきですのでLINE Payカードには必要最低限の金額だけチャージするようにしておいた方が無難です。

例えば、LINE PayカードをLINEモバイルの支払いだけに使うのであれば常に1万円程度がチャージされていれば十分だと思います。

LINE Payカードは1人1枚のみ

LINE Payカードには、「1人が使えるLINE Payカードは1枚だけ」というルールがあります。

そのため、何らかの理由により2枚目のカードをLINE Payのアカウントに紐付けてしまったら、1枚目のカードは使えなくなります(残高や登録情報は引き継がれます)。

従って、新たなLINE Payカードを使うときはLINEモバイルに支払い方法として登録している古いLINE Payカードの情報を消去して新しい情報を登録し直さなければ引き落としに失敗してしまいますので注意が必要です。

1~2回くらいなら引き落としに失敗しても後で支払えば大丈夫だと思います(私見なので保証はできません)が、支払い不能が続くと最悪の場合はLINEモバイルの契約を解除されてしまう可能性があるため大変危険です。

もしカードを切り替えたら忘れずに登録情報を更新しておきましょう。

2017/03/21