格安スマホ・SIM大辞典

多数の格安SIMを価格・データ通信容量・通信速度・速度制限・音声通話・かけ放題オプションの有無・その他SIMごとの特徴などをもとに徹底比較・解説します。目的に合わせたおすすめプランの提案もあります。

格安SIMはiPhoneとAndroidのどちらが良い?メリット・デメリットの違いを比較

格安SIMを契約した後、使うスマホの機種

  • iPhone(iOS)
  • Android

のどちらかになると思います。

どちらにもメリット・デメリットがあるため、一概にどちらが優れいてるとは言えません。

しかし、自分の生活スタイルにあった機種を選ぶことができればより快適にスマホライフを送ることができますので、それぞれの特徴を把握した上でどちらの機種を選択するのが良いと思います。

iPhoneとAndroidの比較

iPhoneとAndroidを比較した際の主な違いは以下の通りです。

iPhoneとAndroidの違い
項目 iPhone Android
OS iOS Android
メーカー Apple 機種により異なる
販売価格 基本的に定価販売なので高価 ピンきり
(1万円台~5万円以上など様々)
格安SIMでの
セット購入
セット購入できることもある
あまりオススメしない
(機種が古い割に高価だったりするため)

UQモバイルワイモバイル
iPhone SEがあるのでオススメ
参考 : どっちで買うのがオススメ?
大幅に割引されていることが
あるのでオススメ
大手キャリアと
比較して
格安SIMなら2年で約7万円安い 格安SIMなら2年で約10万円安い
対応している
格安SIM
基本的に全ての格安SIMで使える ドコモ回線の格安SIMは基本的に
ほぼ全ての機種が対応している。
au回線SB回線の格安SIMは
対応機種が少ない。
大手キャリア
からの
持ち込み
こちらの記事で詳しく解説しています
性能
(スペック)
スマホ全体の中では高い方
(Androidの超ハイスペックには負ける)
ピンきり
(低・ミドル・ハイスペックなど様々)
操作方法 分かりやすい。
使っている人が多いので
教えてもらいやすい。
機種により異なる。
同じ機種の人が近くにいなければ
教えてもらえない。
戻るボタン ない
(ホームボタンのみ)
ある
(戻る・ホーム・タスクボタンの
3つが標準)
お財布
ケータイ
ない
Apple Payは7・7Plusのみ使える
ミドルスペック以上の機種なら
使えることが多い
アプリの動作 安定している
(機種が少なく不具合対応しやすいため)
不安定な場合がある
(機種が多すぎて個別の調整が
できないため)
アクセサリ
(ケースなど)
極めて豊富
自分の好みに合わせて選べる
極めて少ない
機種によっては数種類しかないことも
古い機種の
処分
ヤフオクやメルカリで高く売れるので
新機種購入時の足しになる
(機種にもよるが1~2世代前なら
4~5万など)
ヤフオクやメルカリで売っても
二束三文

先述の通り、どちらが一方的に優れているということはありませんので、自分の希望に合う方を選ぶことが大事だと思います。

以下でより詳細に解説します。

販売価格

新品でSIMフリーの端末を購入する場合、iPhoneの方が圧倒的に高価です。

例えば、現時点(2017年3月)でApple Storeにて販売されているiPhoneを調べて見ると、廉価版であるiPhone SEの16GBモデルでさえ44,800円、最上位モデルのiPhone 7 Plusの256GBモデルだと107,800円という超高価な価格設定となっています。

新品が欲しければこれらを定価購入しなければならないため、iPhoneは初期出費が嵩むという欠点があります。

一方で、Androidはハイスペック機種でもせいぜい5~6万円も出せば購入できますし、普通にスマホを使うだけならせいぜい2~3万円台の機種があれば十分実用的です。

入門用の機種で良ければ1万円台から購入できます。

従って、格安SIMへ乗り換えるタイミングでできるだけ安く新品のスマホが欲しいならAndroid一択だと言えます。

2017年3月25日からUQモバイルワイモバイルでiPhone SEを分割払いでセット購入できるようになりました。

これにより、初期費用を抑えつつ新品のiPhoneを持つという選択肢も生まれました。

参考 : iPhone SEはUQモバイルとワイモバイルのどっちが安い?オススメ?

参考 : SIMフリー・SIMロック解除とは?SIMカードの基礎知識
参考 : SIMフリー・白ロム・赤ロムの違いとは?

格安SIMでのセット購入

格安SIMではSIMカード単体での販売だけでなく、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のように「SIMカード + スマホ」のセット販売を行っているところが多いです。

セットになっているスマホは基本的にAndroidのみなのですが、格安SIMによっては大幅な割引を適用した価格で販売されていることがあるため、新品のAndroidが欲しいならMNP転入での乗り換えに合わせてセット購入するのが賢い選択肢のひとつです。

楽天モバイルは常に割引が行われている。mineo(マイネオ)もキャンペーンの頻度が高い。

一方、iPhoneは一部の格安SIMがセット販売をしているのですが、

  • 機種が古いことが多い(5sなど。少なくとも最新機種ではない。)
  • SIMロックがかかっているものが多い
  • 中古や新古品の場合がある
  • しかも販売価格が高い or 割高

といった欠点のどれかに必ず該当するため基本的にオススメできません。

ただ、中にはセット購入すれば実質ゼロ円でiPhoneを持てる格安SIMもあるので、iPhoneを安く持つことを優先するなら選択肢としてはアリだと思います。

iPhoneについては、2017年3月25日からUQモバイルワイモバイルでiPhone SEの取り扱いを開始したことにより、iPhoneのセット購入もオススメできるようになりました。

iPhone SEは廉価版の機種ですが発売から日が浅い(2016年3月発売)のでこれから数年間使い続けるにあたって性能面で心配ないですし、セット購入時に適用される割引のおかげで2年間使い続ければ機種代がだいぶ安くなるからです(SIMフリーの新品をApple Storeで購入するよりも遥かに安価)。

ただし、UQモバイルとワイモバイル以外のiPhoneをセット購入できる格安SIMは相変わらずオススメできませんので要注意です(上記の打消線部に記載の通り)。

参考 : SIMフリー・SIMロック解除とは?SIMカードの基礎知識
参考 : iPhone SEはUQモバイルとワイモバイルのどっちが安い?オススメ?

大手キャリアと比較して

格安SIMは月額料金が安いので、iPhoneとAndroidのどちらを使っても大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)よりは毎月の支払額が大幅に安くなります。

当サイトで料金計算を行なって比較したところ、2年間での支払い金額は、

という結果となりました。

Androidの方が安いのはiPhoneよりも全体的に機種代が安いからですが、選ぶ機種によっては大手キャリアとの差額が多少前後します。

対応している格安SIM

機種ごとに対応している周波数などの違いがあることから、格安SIMごとの使用可否が異なります。

SIMフリーのとき

基本的にiPhoneは全ての格安SIMで使えます。

古い機種(5sなど)は動作未確認としている格安SIMもありますが、iPhone 6以降の機種であれば概ねどこの格安SIMでも使えるので格安SIMの選択肢の幅が広がります。

Androidはドコモ回線の格安SIMなら全ての格安SIMで使えます(ただし、格安SIMにより動作未確認の機種もあります)。

こちらに記載されている格安SIMのうち、au回線ソフトバンク回線と明記していないものは全てドコモ回線の格安SIMです。

この違いは、iPhoneは世界中の通信事業者で使うために幅広い周波数に対応しているのに対し、Androidはそのような作りにはなっておらずauやソフトバンクの通信規格・周波数などに対応していないのが原因です。

キャリアからの持ち込みのとき

大手キャリアで使っているスマホを格安SIMで使う場合は、

  • iPhone : 持ち込んだ先の格安SIMで使える場合が多い
  • Android : キャリアと格安SIMの回線が同じなら使いやすい
    (例 : ドコモからドコモ回線の格安SIMへスマホを持ち込む)

と言えます。

詳細については長くなるのでこちらの記事の「白ロム」を参照して下さい。

操作方法

電源ボタン・ボリューム調整ボタン・マナーモード切り替えボタンを除くと、iPhoneの物理ボタンはホームボタンしかないため操作は非常に簡単です。

困ったらとりあえずホームボタンを押してホーム画面に戻れば何とかなるからです。

また、iPhoneは単一機種であり且つユーザー数が多いことから困ったときに周囲の人に操作方法を聞きやすいというメリットがあります。

従って、初めてスマホを持つ人はiPhoneを持つ方が良いと思います。

一方、Androidはホームボタン・戻るボタン・タスクボタンの3種類が標準なのでそれぞれのボタンで何ができるのか把握するのはちょっと手間がかかりますし、Androidはメーカーや機種が非常に多く操作方法は機種によってバラバラ(基本部分は同じだが細かいところが結構違う)なので基本的に周囲の人に教えてもらうことはできないと考えておきましょう(たまたま同じ機種を持っている人がいる場合を除く)。

自分で調べて対処できるなら全然問題ありませんが、機械関係が苦手だと言うならあまりオススメできません。

なお、操作方法に限らずトラブルが発生した際の対処方法についても同様なので自信がないならiPhone一択です。

戻るボタン

ボタンが多いせいで操作方法が少し複雑なAndroidですが、戻るボタンが存在するおかげで慣れるとiPhoneよりも使いやすいと感じます。

例えば、ウェブサイトで多くの記事を読んだ後に最初のページに戻りたいときは端末上の戻るボタンを連打するだけでOKです。

また、アプリ上に戻るボタンを設置するためのスペースを必要としないのでアプリがアプリそのもの機能のために確保できる領域が広く、全体的にアプリのUI(ユーザーインターフェース)や操作性が優れていると思います。

iPhoneはホームボタンしかないので操作は簡単なのですが、Androidのアプリとは逆にアプリのUIにやや蛇足感がありアプリそのものの機能を表示する領域がやや狭くなってしまっていることがあります(アプリ内に戻るボタンを設置した分だけスペースを使ってしまうため)。

お財布ケータイ

お財布ケータイは多種多様な電子マネーをスマホ1つを持ち歩けば使えるようになる便利な機能ですが、非常にガラパゴスな機能なので世界中で販売することを前提に設計されているiPhoneには付いていません。

最近ではApple Payという決済サービスが登場したものの、お財布ケータイほどの利便性はありません。

Androidは機種を選べばお財布ケータイを登載した機種もあるので、大手キャリアから乗り換えても使い続けることができます。

アプリの動作

iOSを登載したスマホはiPhoneという単一機種しかない(世代の違いはありますが、それも極僅か)ため、アプリ開発の労力をあまり必要としません。

特にアプリの動作の安定性には定評があり、きちんと開発されているアプリならば不安定な動作(原因不明の強制終了)などはほとんど発生しません。

一方、Androidはメーカーや機種が多すぎてアプリを開発する際に全ての機種で安定動作するように検証することは時間的・労力的・金銭的な面でほぼ不可能です。

そのせいである機種ではきちんと動作するのに他の機種では非常に動作が不安定になるといった問題が必ず生じてしまいます(Google Playのアプリのレビューを見るとよく分かります)。

従って、様々なアプリをストレスなく使いたいならiPhoneの方がオススメです。

また、上記の理由により、iPhone(iOS)では公開されているアプリがAndroidには存在しない(またはAndroid版はiOSよりも遅れて公開される)ということがしばしばあるという点でもiPhoneの方が有利です。

最近の例だと任天堂の「スーパーマリオラン」のiOS版は2016年12月15日にリリースされたのに対しAndroid版は未だ(2016年3月現在)に配信されていないことからも、両者の違いがよく分かります。

アクセサリ

iPhoneは世代の違いによりサイズがやや異なる程度であること、人気があり多くの人が使っていることからケースなどのアクセサリが沢山販売されています。

おしゃれ・カッコ良いものからネタとしか思えないものまで多種多様ですので、自分の好みにあったものを絶対に見つけることができます(種類が多すぎて探すのが大変という問題はあるかもしれませんが)。

逆に、Androidは機種が多すぎて各機種に対応したアクセサリを作っても採算が取れないせいなのか、機種ごとにせいぜい数種類もあれば御の字です。

例外として一部の主要機種は数が多いことがあるものの、それでもiPhoneには遠く及びません。

単純にケースとしての機能(耐衝撃性など)が備わっていれば十分というならiPhoneとAndroidのどちらでも良いのですが、スマホのカスタマイズも楽しみたいならiPhoneを選ぶ方が良いと思います。

古い機種の処分

iPhoneは中古でも高く売れる傾向にあるため、新機種が発売されたタイミングで今まで使っていたiPhoneを売り払ってそれを新機種の購入費用に充てるという運用が可能です。

機種や本体容量によって違いはあるものの、1世代前の機種ならヤフオクやメルカリで4~5万円以上の値段が付くこともザラですし、古い機種でも2~3万円くらいになることもあるので換金性が非常に高いと言えます。

Androidにはそのような特徴はなく、値崩れが著しいです。

型落ち程度ならまだそこそこの値段で売り払うことが可能ですが、2世代・3世代と世代を重ねるごとに暴落していって古い機種だと二束三文にしかなりませんので、数年使った後は売る手間を考えるとタンス(というか部屋)の肥やしにしておくのが関の山といったところでしょうか。

2017/04/18