格安スマホ・SIM大辞典

多数の格安SIMを価格・データ通信容量・通信速度・速度制限・音声通話・かけ放題オプションの有無・その他SIMごとの特徴などをもとに徹底比較・解説します。目的に合わせたおすすめプランの提案もあります。

DMM mobile(DMMモバイル)の口コミ評価

基本情報

DMMモバイルの基本情報
サービス名 DMM mobile(DMMモバイル)
運営会社 株式会社DMM.com
回線 ドコモ回線のみ
データプラン ・シングルコース(SIMカード1枚)
ライト(高速通信なし・常時低速)・1GB・2GB・3GB・4GB・5GB・7GB・8GB・
10GB・15GB・20GB
・シェアコース(SIMカード最大3枚)
8GB・10GB・15GB・20GB
月額料金 シングルコース(データSIM) : 440円/月~
シングルコース(通話SIM) : 1,140円/月~
シェアコース : 1,980円/月~
最低利用期間 データSIM : 利用開始日を含む月の月末日(1ヶ月)
通話SIM : 利用開始日を含む月の翌月から12ヶ月後の月末(13ヶ月)
違約金 データSIM : なし
通話SIM : 最低利用期間未満の解約等で9,000円の解約手数料が発生
通話料金 20円/30秒(通常時)
10円/30秒(専用アプリ「DMMトーク」使用時)
通話定額
オプション
5分かけ放題 : 850円/月
通信速度 高速通信時 : 下り最大375Mbps・上り最大50Mbps
低速通信時 : 200kbps
通信速度の制御 専用アプリ「DMMmobileツールアプリ」で「節約ON/OFF」の切り替えが可能
3日間制限 高速通信中は制限なし
低速通信中は直近3日間に366MB以上のデータ通信を行うと制限がかかる
データ容量の
繰り越し
翌月まで繰り越し可能
データ容量の
追加
100MB : 200円(※)
500MB : 600円(※)
1,000MB : 1,100円(※)
1,000MB : 480円(繰り越しなし・当月のみ有効)
※購入した月の3ヶ月後の末日まで有効
SIMカードの
追加
シェアコースは最大3枚まで持てる
支払い方法 クレジットカードのみ
年齢制限 未成年は申し込み不可

DMMモバイルのここがオススメ

  • プランが豊富で最適なものを選べる
  • 低容量のプランは他社の格安SIMよりも割安
  • 専用アプリ「DMMトーク」を使うと通話料半額(10円/30秒)・5分かけ放題オプションがある(850円/月)
  • 高速通信中は速度制限なし・低速状態でも「バースト機能」で速い
  • 街中のWi-Fiスポットに接続できる(月額362円)
  • SIMカードを複数枚持てるプランがある(シェアコース)
  • 運営が大手なので安心

DMMモバイルのここが微妙

  • 大容量のプランは他社の格安SIMよりも割高
  • 端末の割引がない・分割払いにするとかなり高くなる
  • 電話の機能が貧弱(キャッチホンオプションが存在しない)
  • 支払いはクレジットカードのみ
  • 還元ポイントの有効期限が短すぎて使えない

プラン・料金

シングルコース

まず、SIMカードが1枚のコースのプラン・料金は以下の通りです。

DMMモバイルのプラン(シングルコース)の月額料金
高速通信
データ容量
通信速度(最大) SIMカード・月額料金
高速時 低速時 データ専用 SMS付き 音声通話
ライト(高速通信なし) 上下200kbps(常時低速) 440円/月 590円/月 1,140円/月
1GB 下り375Mbps
上り50Mbps
上下200kbps 480円/月 630円/月 1,260円/月
2GB 770円/月 920円/月 1,380円/月
3GB 850円/月 1,000円/月 1,500円/月
5GB 1,210円/月 1,360円/月 1,910円/月
7GB 1,860円/月 2,010円/月 2,560円/月
8GB 1,980円/月 2,130円/月 2,680円/月
10GB 2,190円/月 2,340円/月 2,890円/月
15GB 3,600円/月 3,750円/月 4,300円/月
20GB 4,980円/月 5,130円/月 5,980円/月

1GB~10GBまではほぼ1GB刻みでプラン設定されているので、自分の使い方に合うデータ容量が見つけやすいと思います。

しかもデータ容量が少ないプランは月額料金も他社の格安SIMと比べて安価なので、安くスマホを維持したい人には最適です。

一方、大容量プランは他社よりも割高になってしまうのであまりオススメはできません。

シェアコース

1契約で複数のSIMカードを最大3枚まで発行でき、SIM間でデータ容量を共有できるプランもあります。

DMMモバイルのプラン(シェアコース)の月額料金
高速通信
データ容量
通信速度(最大) プラン・月額料金
(データをSMS付きにするときは+150円/枚・月)
高速時 低速時 データ
最大3枚
通話1枚
+ データ
最大2枚
通話2枚
+ データ
最大1枚
通話3枚
8GB 下り375Mbps
上り50Mbps
上下200kbps 1,980円/月 2,680円/月 3,380円/月 4,080円/月
10GB 2,190円/月 2,890円/月 3,590円/月 4,290円/月
15GB 3,600円/月 4,300円/月 5,000円/月 5,700円/月
20GB 4,980円/月 5,980円/月 6,680円/月 7,380円/月

DMMモバイルの公式サイトの解説を読み限りでは家族など複数人での使用が想定されているようです。

しかし、後述の通り複数人だと使い勝手が非常に悪いため実質1人用(複数機器にSIMカードを挿すとき)だと言えます。

もし1人でシェアコースを使うなら、

  • データSIMのみ
  • 通話SIM + データSIM

のどちらかを選ぶことになると思いますが、この場合も10GBを超えたあたりから他社で複数回線を契約する方が安く済むようになってきますので、シングルコースと同じく大容量のプランはあまりオススメできません。

なお、SIMカードを2枚しか持たないときでも月額料金が安くなることはありません。

参考 : 複数枚の追加SIMカードを持てる格安SIM

MNP転入で乗り換える方法・手順

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)からDMMモバイルにMNPで乗り換える方法は以下の記事にて詳細に解説しています。

DMM mobile(DMMモバイル)へMNPで乗り換える方法・手順
スマホの維持費を安くしたいなら、低容量のプランを安価で使えるへの乗り換えがおすすめです。大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)では毎月1万円近い請求金額になる...

DMMモバイルはドコモ回線の格安SIMなのでドコモユーザーは簡単に乗り換えることができます。

また、au・ソフトバンクユーザーでも現在iPhoneを使用中の方は乗り換えやすいです。

参考 : 格安SIMでiPhoneを約7万円安く使う方法
参考 : 格安SIMでAndroidを約10万円安く使う方法

メリット

プランが豊富・低データ容量は安い

DMMモバイルは、ライト/1GB/2GB/3GB/4GB/5GB/7GB/8GB/10GB/15GB/20GBの11種類のプランがあり、低容量から大容量までかなり細分化されたデータ容量が設定されています。

特に10GB未満は6GB・9GBのプランがないことを除けば1GB刻みでプランが用意されているため、自分の使い方に合うプランが必ず見つかるはずです。

しかも、低容量のプランほど他社の格安SIMと比べても安価な料金設定となっているため、データ通信を行う頻度が低い人ほどDMMモバイルをお得に利用できます。

また、高速通信を一切行うことができず常時低速通信(200kbps)状態のライトプランであってもデータ読み込み時の最初の一定量に限って高速通信できる「バースト機能」を使うことができることから、ライトプランも十分に実用に耐えうるポテンシャルを秘めていると言えます。

後述の通り、15GB・20GBの大容量プランは一転して他社の格安SIMよりも割高になってしまうためあまりオススメはできませんが、10GB以下のプランならどれを選んでも安価な月額料金でスマホを持つことができます。

「DMMトーク」で通話料半額

DMMモバイルは他社の格安SIMと同様、無料通話が一切なく20円/30秒という高額の通話料がかかります。

そのため、長電話をする人は通話料が高額になりがちで、使い方によっては月額料金と通話料を合わせると大手キャリアと同じくらいの請求金額になってしまう可能性すらあり危険です。

しかし、DMMモバイルには「DMMトーク」という専用の無料アプリがあり、このアプリで通話することで通話料を半額(10円/30秒)に抑えることができます。

DMM トーク - 通話料が半額になるお得な電話アプリ!

DMM トーク - 通話料が半額になるお得な電話アプリ!
開発元:DMM.com Co., Ltd.
無料
posted with アプリーチ

DMMトークはIP電話の類ではないのでデータ容量を消費することはありません(電話回線を使用する)し、発信番号も契約中の携帯電話番号(090・080~)のままなので相手に不審がられる心配もありません(IP電話だと050~になってしまう)。

また、インストールするとスマホ標準の電話帳の内容を丸ごと同期してくれるので電話帳移行の手間もなくすぐに使うことができます。

非常に使いやすく且つ有益なアプリなので「DMMトークを使うと通話料半額」というよりもむしろ「DMMトークを使わないと通話料2倍」という感じですので、DMMモバイルと契約したら真っ先にインストールするようにしましょう。

5分かけ放題オプションがある

また、月額850円の「5分かけ放題オプション」に加入すると1回5分以内の通話は何度かけても通話料がかからなくなります。

長電話対策としては効果がありませんが、短い電話を何度もかけるような場合は著しい通話料の削減効果が期待できるはずです。

また、5分を越えた後の通話料は10円/30秒と安価なので5分をオーバーしても安心です。

ただし、5分かけ放題オプションに加入したとしてもかけ放題が適用されるのはDMMトークから発信した場合に限られますので注意しましょう(普通に電話をかけるとかけ放題にならないだけではなく、20円/30円の通話料がかかります)。

参考 : かけ放題・無料通話オプションがある格安SIM

高速通信時は速度制限なし

一般的に大手キャリアや他の格安SIMでは、直近の3日間に通信したデータ量が一定以上になると、高速通信可能なデータ容量が残っていたとしても速度制限がかかって低速での通信を余儀なくされていまいます。

しかし、DMMモバイルの高速通信中はデータ容量が尽きない限りどんなに大量の通信を行っても速度制限がかかることがないため、常に快適にインターネットを利用することができます。

これは全てのプランに適用されており、データ容量の多寡は関係ありません。

ただし、

  • データ容量の残量がないとき
  • 高速通信をOFFにしているとき

は直近3日間(当日は含まない)の通信量が366MBを超えると通信速度が制限されますので注意しましょう。

参考 : 格安SIMごとの速度制限基準の一覧

高速通信をON/OFFできる

DMMモバイルと契約した後、「DMMmobile」という専用アプリをインストールすることで、高速通信のON/OFFを自由に切り替えられるようになります

DMM mobile
DMM mobile
開発元:DMM.com Co., Ltd.
無料
posted with アプリーチ

後述の通りDMMモバイルは低速通信でも通信速度が速いですので、LINE・メール・ニュース記事の閲覧といったテキスト主体のデータ通信のときはOFFに、動画閲覧やゲームのときはONにするなど、通信内容に合わせて高速通信のON/OFFを使い分けることでデータ容量を大幅に節約することが可能となります。

また、現在どのくらいのデータ容量が残っているのかを確認することもでき、計画的なデータ容量の使い方を検討する際にも役に立ちます。

参考 : 高速通信のON/OFFを切り替えられる格安SIM

低速通信でも速い(バースト転送)

大手キャリアでは3日間制限などにより低速通信状態になると回線速度が128kbpsまで低下してしまいますが、DMMモバイルでは低速通信状態でも200kbpsとなります。

ものすごく速いというわけではないものの、大手キャリアの約1.5倍の回線速度もの速さとなります。

また、「バースト機能」により、低速通信状態でも通信の最初の一定量に限っては高速通信をしてくれますので、テキスト主体のデータ通信であればストレスを感じることなく利用することができます。

DMM mobile(DMMモバイル)の口コミ評価

この「バースト機能」は、高速通信をOFFにしているときだけではなく、そもそも高速通信することができないライトプランでも利用できます。

矛盾した表現ではありますが、低速でも200kbps・「バースト機能」があるおかげでDMMモバイルは「低速通信でも速い」と言えるのです。

参考 : 初速バースト転送機能(バーストモード)がある格安SIM

余ったデータは翌月に繰り越しできる

割り当てられたデータ容量をひと月の間に使い切れないときは、全て翌月に繰り越すことができます。

DMM mobile(DMMモバイル)の口コミ評価

繰り越した分を更に翌月まで繰り越すことはできません(繰り越せるのはひと月だけ)が、繰り越し分から優先的に消費されるようになっているので大抵の場合は繰り越した分が無駄になってしまうことはまずないと思います。

参考 : 高速通信データ容量を繰り越しできる格安SIM

使い勝手の良い追加データ容量

月の途中にデータ容量が足りなくなった場合は追加で購入することができます。

DMM mobile(DMMモバイル)の口コミ評価

データ容量と販売価格は以下の通りです。

  • 100MB : 200円
  • 500MB : 600円
  • 1,000MB : 1,100円
  • 1,000MB : 480円(繰り越しなし)

データ容量と販売価格は比例しておらず、まとまった量を購入するほど割安になる価格設定です。

ただ、それよりも注目したいのは4つ目の「1,000MB : 480円(繰り越しなし)」ですが、これは通常3ヶ月間である追加購入分の有効期限が当月のみ(翌月になった時点で余っていたら全て破棄)になる代わりに480円という非常に安価な価格で購入できるというものです。

通常、追加購入は頻繁に行うものではなく、1~2ヶ月連続でデータ容量が足りなくなるような事態に陥った時点で上位プランへのプラン変更を行うのが望ましいですので、追加購入分の有効期限が3ヶ月もある必要はほとんどありません。

従って、もしデータ容量が枯渇したとしてもとりあえず当月だけを凌ぐつもりで「繰り越しなし」のデータ容量を格安で購入し、さっさとプラン変更を済ませてしまう方が経済的だと言えます。

また、急な出張などでGoogleMapや乗り換え案内アプリを多用してデータ容量が枯渇してしまったときも、その場だけやり過ごせれば良いので「繰り越しなし」の安価なデータ容量は大変重宝すると思います。

iPhoneが使える

自分でiPhoneを持ち込めば、DMMモバイルでもiPhoneを使うことができます。

DMMモバイルの回線はドコモの回線なので、

  • ドコモのiPhone(SIMロック解除不要)
  • au・ソフトバンクのiPhone(要SIMロック解除)
  • 最初からSIMフリーのiPhone

を使うことができます。

ドコモの場合はSIMロック解除が不要なので過去に発売された全ての機種を使えます。

au・ソフトバンクはSIMロック解除が必須なので、実質的に6s/6s Plus/7/7Plusの4機種のみの対応となります(2015年5月以前に発売されたiPhoneはSIMロック解除できないため)。

参考 : DMM mobile(DMMモバイル)へMNPで乗り換える方法・手順
参考 : 格安SIMでiPhoneを約7万円安く使う方法

街中のWi-Fiスポットを利用できる

月額362円の有料オプションの「DMM Wi-Fi by エコネクト」に加入すれば、全国69,000ヶ所に設置されているWi-Fiスポットに接続できるようになります。

エコネクト Wi-Fiスポット検索

http://econnect.jp/spotsearch.html

上記のサイトでWi-Fiスポットを検索してみると分かる通り、街中ではWi-Fiの電波に引っかからずに歩く方が難しいくらいですので通勤先や通学先が都市部にあるなら有効活用できます。

また、DMMモバイルはプランのデータ容量が小刻みに用意されているのでデータ容量が恒常的に不足するときは上位プランに変更しやすいのですが、場合によってはWi-Fiスポットのオプション(月額362円)に加入した方が安く沢山高速通信できることもありますので、プラン変更を検討する際には一度自身の生活圏内のWi-Fiスポットの有無を調べてみると良いです。

1契約でSIMカードを複数枚持てる

DMMモバイルには、通常のシングルコース(1契約につきSIMカード1枚)の他にシェアコースがあり、シェアコースでは通話SIMとデータSIMを組み合わせて最大3枚までのSIMカードを持つことができます。

これにより、複数機器にSIMカードを同時に挿せるようになって1契約のデータ容量を

  • スマホとタブレット
  • スマホとモバイルルーター

などの複数機器でシェアしながら運用することができ、しかも複数回線を契約する場合よりも月額料金を安く抑えることが可能となります。

1契約で複数のSIMカードを持てる格安SIMはIIJmio(みおふぉん)OCNモバイルONEなどの一部しかないため、複数機器にSIMカードを挿したいならDMMモバイルの候補の一つとして検討してみましょう。

参考 : 複数枚の追加SIMカードを持てる格安SIM

運営が大手なので安心

DMMモバイルを運営しているのは株式会社DMM.comです。

  • 設立年月日 : 1999年11月17日
  • 資本金 : 10百万円
  • 従業員数 : 553名(2016年6月末現在)

上場こそしていませんが、オンライゲーム・オンライン英会話・動画配信・電子書籍・証券やFXなど多岐に渡る事業を展開しているので、どこかでDMM.comという名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

最近ではオンラインゲームの「艦隊これくしょん」が有名だったり、DMM.comのテレビCMもたまに放送されていますね。

DMM.comは傍から見ていると節操がないと思えるくらいジャンルの異なる多業種に手を出している割にはいずれの分野でもシェアを拡大し続けていますので、ユーザーを掴むサービス提供に関しては非常に上手いのだと思います。

実際、現状は大手キャリアが圧倒的に強く格安SIMを使う人があまり多くない中、DMMモバイルのサービス開始から2年弱で会員数20万人を突破しています。

利用者数だけをみれば他社の格安SIMの方が段違いに多かったりもしますが、DMMモバイルは格安SIMの中ではかなりの後発ですので、十分にすごい実績です。

今後は他業種のようにシェアを伸ばすための施策を色々と行ってくる可能性が高いためDMMモバイルには期待が持てると思います。

デメリット

大容量プランは割高

低容量のプランはほぼ1GB刻みのプランが用意されており、しかもどれも安価であるため非常に使い勝手が良いです。

しかし、大容量プランになると逆に割高になってしまうためオススメできません。

これはシングルコース(SIMカードが1枚のプラン)だけでなく、シェアコース(SIMカードが最大3枚のプラン)も同様ですので、大容量プランの契約を検討しているなら他社の格安SIMとの比較をしっかり行うのが良いと思います。

参考 : 高速通信データ容量が月8~10GBまでの格安SIM
参考 : 高速通信データ容量が月10GB超~20GBまでの格安SIM
参考 : 高速通信データ容量が月20GB超の大容量の格安SIM

端末の割引がない・分割払いが高い

DMMモバイルはセット販売端末が豊富であるため、端末とSIMカードを一気に購入したい人でも幅広いラインナップから好みの端末を選ぶことができるというメリットがあります。。

しかし、

  • ほとんどの端末は定価販売、割引対象の機種は極一部のみ
  • 分割払い(24回払い)にすると支払総額がかなり高くなる

というデメリットが大きすぎるため、DMMモバイルでセット販売端末を購入することはオススメできません。

DMMモバイルを契約するつもりならAmazonや楽天市場などでSIMフリー端末を別途購入する方が安く済みます。

端末を一括で購入することが難しいなら、端末の割引が豊富で分割手数料もかからない楽天モバイルの方が良いと思います(分割手数料無料はで決済するときのみ)。

電話の機能が貧弱

DMMモバイルには他社の格安SIMには当たり前のようにあるキャッチホンオプションが存在しません。

従って、電話を受ける機会が多くキャッチホンを日常的に使っている人にはDMMモバイルはおすすめできません。

なお、留守番電話オプションは月額290円で加入できます。

支払いはクレジットカードのみ

支払い方法はクレジットカードのみとなっており、大手キャリアのような口座振替・請求書・インターネットバンキング(Pay-easy)などには一切対応していません。

DMM mobile(DMMモバイル)の口コミ評価

上記の通り、クレジットカードと同じように使えるデビットカードやVプリカ(プリペイドカード)にも未対応です。

フルタイムで勤めている人なら正規・非正規に関わらず簡単にクレジットカードを発行できる(カードによりますが)ので普通に仕事をしているなら全く問題になることはないと思いますが、専業主婦・学生・自己破産者などは結構厳しいかもしれません。

どうしてもクレジットカードを発行できないときは以下のようなデビットカードで契約できる格安SIMを検討してみましょう。

参考 : クレジットカード以外の支払い方法がある格安SIM

還元ポイントの有効期限が短すぎる

DMMモバイルを契約すると、毎月の請求金額の10%分のDMMポイントを貰えるという特典を受けられます。

DMM mobile(DMMモバイル)の口コミ評価

例えば、請求金額が1,000円なら100ポイント、2,000円なら200ポイントを貰えます(ポイントの価値は「1pt = 1円」です)。

しかし、DMMモバイルで貰えるDMMポイントは残念なことに有効期限が1ヶ月しかないため、ハッキリ言ってほとんど役に立ちません。

数ヶ月分を貯めてからまとめて消化することは当然不可能ですし、本来は多種多様なサービスの支払いに使えるDMMポイントもDMMモバイルへは使用不可であることから毎月の代金の支払いに使うこともできないからです。

この点は、同じくポイント還元がある楽天モバイルに大きく劣る点です(楽天モバイルは還元されたポイントを楽天モバイルの支払いに使えます)。

考えられるDMMポイントの使い方はいくつかありますが、毎月100ポイント以上が還元されるなら、1口100円から購入できるDMM競輪などが良いのではないでしょうか。

公式サイト : DMM競輪

有効期限でポイントを失効してしまうくらいなら、当たったらラッキーという軽い気持ちで賭けをしてみるのも面白いかもしれません。

シェアコースは実質一人用

DMMモバイルのプランには、シェアコースというものがあり、

  • 1契約につき、SIMカードを最大3枚まで持てる(通話SIMとデータSIMの組み合わせは自由)
  • 全SIMでデータ容量を共有できる
  • データ容量が同じになるようにシングルコースを3つ契約するよりも割安

という特徴があります。

このシェアコースを紹介するDMMモバイルの公式サイト内のページ内では、家族・恋人・友達などでの利用を想定した解説がなされていますが、複数人で使うのには全く適してしません。

DMM mobile(DMMモバイル)の口コミ評価

というのも、

  • MNP「転入」できるのは、3枚のうち1枚のみ(残り2枚の通話SIMは新規の電話番号を発行しなければならない)
  • MNP「転出」できるのは、3枚のうち1枚のみ(残り2枚の通話SIMはそのまま解約しなければならない)
  • シェアコースからシングルコースへプラン変更するときは、変更する1枚以外は解約しなければならない

というルールがあるからです。

従って、上記の画像のように家族3人でシェアコースを使うためには、3人のうち誰か1人だけはMNP転入できますが、残り2人は現在使っている電話番号を捨ててDMMモバイルへ移らなければなりません。

また、仮に「MNP転入は1人だけ」という条件をクリアしてシェアコースを使い始めた(親 + 新規にスマホを持つ子供2人などのケース)としても、シェアコースを止めるときには1人しかMNP転出できませんし、シェアコースからシングルコースへプラン変更するときも1人しか移行できないため、いずれにしても3人のうち2人は絶対に電話番号を捨てなければなりません。

ということで、シェアコースはハッキリ言って家族・恋人・友達などの複数人で使うのには全く向いていませんので気を付けましょう。

一方、1人で「通話SIM : 1枚 + データSIM : 1~2枚」を持って複数機器の運用とデータ容量の共有を実現したいときには、複数回線を契約するよりも安価で済むので十分に実用的だと思います。

参考 : 家族向けプランのある格安SIM

2018/02/07