格安スマホ・SIM大辞典

多数の格安SIMを価格・データ通信容量・通信速度・速度制限・音声通話・かけ放題オプションの有無・その他SIMごとの特徴などをもとに徹底比較・解説します。目的に合わせたおすすめプランの提案もあります。

NifMo(ニフモ)の口コミ評価

基本情報

NifMoの基本情報
サービス名 NifMo(ニフモ)
運営会社 ニフティ株式会社
回線 ドコモ回線のみ
データプラン 3GB/月・7GB/月・13GB/月
月額料金 データSIM : 900円/月~
SMS対応SIM : 1,050円/月~
音声対応SIM : 1,600円/月~
最低利用期間 データSIM : なし
通話SIM : 利用開始月の翌月から6ヶ月
違約金 データSIM : なし
通話SIM : 最低利用期間中の解約等で8,000円
通話料金 20円/30秒
通話定額
オプション
1,300円/月で専用アプリ「NifMoでんわ」でかけ放題(IP電話)
通信速度 ・高速通信時
LTE : 下り最大262.5Mbps、上り最大50Mbps
3G : 下り最大14Mbps、上り最大5.7Mbps
・低速通信時
上下最大200kbps
通信速度の制御 不可(高速通信のON/OFFは任意で切り替えできない)
3日間制限 3日間制限ではなく「1日制限」なので注意
3GBプラン : 650MB/1日
7GBプラン : 1,500MB/1日
13GBプラン : 2,800MB/1日
データ容量の
繰り越し
翌月まで繰り越し可能
データ容量の
追加
0.5GB/900円のみ
SIMカードの
追加
不可
支払い方法 クレジットカードのみ
ただし、公式サイト内にはデビットカード使用可と解釈できるような記述あり
年齢制限 未成年は申し込み不可

NifMoのここがオススメ

  • 高額キャッシュバックキャンペーンが頻繁にある
  • 初月無料
  • 2017年2月1日のプラン改定により7GB・13GBプランが割安に
  • 光回線「nifty」 + 格安SIM「NifMo」で毎月200円割引
  • 光回線「nifty」 + 格安SIM「NifMo」 + 新電力で毎月450円割引
  • 有料Wi-Fiスポットを無料で使える

NifMoのここが微妙

  • 割引がなければプラン・月額料金が至って平凡2017年2月1日のプラン改定により改善
  • 通話料金が高い(ただし、解決策はある。詳細は後述の通り。)
  • 高速通信のON/OFFができない
  • 通信制限が厳しい(1日制限)

プラン・料金

NifMoのプランは以下の通りです。

NifMoのプランと月額料金
データ容量 月額料金・SIM種別
データ通信専用 SMS対応 音声通話対応
(データ通信・SMS)
3GB/月 900円/月 1,050円/月 1,600円/月
7GB/月 1,600円/月 1,750円/月 2,300円/月
13GB/月 2,800円/月 2,950円/月 3,500円/月

各SIMに対して3GB・7GB・13GBの3つのデータ容量を選ぶことができます。

データ容量のバリエーションが多いわけでもなく、月額料金も普通なので正直なところ「NifMoと言えばこれだ!」と言えるような特徴は特にありません。

2017年2月1日に月額料金を据え置いたまま「5GB → 7GB」・「10GB → 13GB」にプラン内容が変更となったので、7GBと13GBはかなり割安で契約できるプランに生まれ変わりました。

また、ネット回線や新電力を合わせて契約すると200円/月や450円/月の割引を受けられるため、他社の格安SIMよりも大幅に有利な月額料金となります(詳細は後述)。

更に、NifMoと契約すると街中にある有料Wi-Fiスポットを無料で使えるようになるので単純にデータ容量や月額料金だけでは判断できないメリットもあると言えます(詳細は後述)。

メリット

高額キャッシュバックがある

NifMo(ニフモ)では頻繁に高額キャッシュバックキャンペーンが行われています。

その時々のキャンペーン内容によりますが、キャッシュバック金額は2万円を超えることも珍しくはありません。

これだけの金額のキャッシュバックがあれば、

  • 実質的に数ヶ月間に渡って無料でNifMo(ニフモ)を使えることと同義である
  • セット購入したスマホの大幅割引を受けていることと同義である

といったことから、かなりお得にNifMo(ニフモ)へ乗り換えることが可能であり非常にお得だと言えます。

キャッシュバックキャンペーンの詳細はこちらのページで紹介・解説していますので、是非一度ご参照下さい。

ただし、

  • 契約後、6ヶ月目までに解約 or 容量の少ないプランに変更する
  • 銀行口座の登録をし忘れる
  • 登録した銀行口座情報に不備がある

などによりキャッシュバックが無効となることもありますので注意が必要です。

特に、最大限のキャッシュバックを貰おうとして13GBプランで契約した直後に月額料金の安い3GBプランに変更するといった手は使えませんので絶対に止めましょう。

初月無料

NifMoでは、契約した最初の月の基本料金が0円になる特典があります。

無料になるのは「基本料金」とだけであり初期費用・通話料金・SMS送信料などは普通にかかるため請求金額が0円になるわけではありませんが、お得であることは間違いありません。

特に、プランによっては2,000円以上が丸々浮くわけですから非常に有難いです。

初月無料を最大限活用するためにはSIMカードが到着する日が重要となります(NifMoの公式サイトから直接購入 or 通話SIMの場合)。

というのも、

  • 月の末日にSIMカードが到着した場合
  • 月の初日にSIMカードが到着した場合

を想定すると、初月の日数はそれぞれ1日と約30日なので、使用できる日数の多い後者の方が断然お得だからです。

SIMカードは申し込みから2~3日で到着すると思いますので、NifMoを契約するときは月の上旬(遅くとも10日くらい?)に到着するように申し込み日を到着する、もしくはあえて月末に申し込みを行ってから月を跨ぐまで配送業者の営業所留めにしておく(追跡番号を控えた上で不在等の理由をつけて電話連絡すれば対応してくれるはずです)、などの対策を行うのが賢いやり方だと言えます。

事前にパッケージを購入して手元にSIMカードがあるときは申し込みを行った日が初日となりますので、月を跨いだ直後に手続きを行うだけでOKです。

最低利用期間が短い

最低利用期間は大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)では2年、格安SIMでは1年に設定されていることが多いです。

そんな中、NifMoの最低利用期間はたったの6ヶ月しかありません。

他社の半分の期間ですので、万が一NifMoを使いづらいと感じたとしても半年我慢すれば違約金なしで解約できるというのは、大きなメリットだと思います。

また、違約金自体も8,000円と大手キャリアや他社の格安SIMよりも安い金額に設定されているため、どうしても6ヶ月我慢できそうになければ出費覚悟でMNP転出してしまうのも一つの方法ではないでしょうか。

参考 : 音声通話SIMの最低利用期間がない・短い格安SIM

低速通信でも速い(バースト転送)

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)では3日間制限などにより低速通信状態になると回線速度が128kbpsまで低下してしまいますが、NifMoでは低速通信状態でも200kbpsとなります。

ものすごく速いというわけではないものの、大手キャリアの約1.5倍の回線速度もの速さとなります。

また、「バースト転送」により、低速通信状態でも通信の最初の一定量(150KB)に限っては高速通信をしてくれますので、テキスト主体のデータ通信であればストレスを感じることなく利用することができます。

この「バースト転送」は、高速通信が可能なデータ容量がゼロになってしまったとき、データ通信のし過ぎて1日制限に引っかかってしまったときに機能します。

矛盾した表現ではありますが、低速でも200kbps・「バースト転送」があるおかげでNifMoは「低速通信でも速い」と言えるのです。

参考 : 初速バースト転送機能(バーストモード)がある格安SIM

余ったデータは翌月に繰り越しできる

割り当てられたデータ容量をひと月の間に使い切れないときは、全て翌月に繰り越すことができます。

繰り越した分を更に翌月まで繰り越すことはできません(繰り越せるのはひと月だけ)が、繰り越し分から優先的に消費されるようになっているので大抵の場合は繰り越した分が無駄になってしまうことはまずないと思います。

参考 : 高速通信データ容量を繰り越しできる格安SIM

Wi-Fiスポットが無料

NifMoと契約すると、本来は有料のWi-Fiスポットを無料で使うことができます。

利用できるWi-Fiスポットは、JRの駅構内・空港・カフェ・ファストフード店など、街中のありとあらゆる場所に設置されているため、都市部なら探すのは全く苦にならないと思います。

BBモバイルポイントの検索

http://tm.softbank.jp/business/wlan/area_list/

普段の生活圏の中にアクセスポイントがあれば必ず役に立ちますし、もし自宅・学校・職場に電波が届くようならずっと繋ぎっぱなしにすることで固定回線の代わりに使うこともできてしまいます(使いすぎはダメですが)。

不特定多数が接続できるフリーWi-Fiではありませんので、セキュリティ的にも安心です。

専用アプリをインストールしておくことで電波が届く範囲内に入ったら自動的にWi-Fiへ切り替えることもできるため利便性も申し分ありません。

NifMo コネクト

NifMo コネクト
開発元:NIFTY Corporation
無料
posted with アプリーチ

参考 : Wi-Fiスポット(公衆無線LAN)を使える格安SIM

デビットカードも使える?

支払い方法はクレジットカードのみとなっており、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のような口座振替・請求書・インターネットバンキング(Pay-easy)などには一切対応していません。

しかし、公式サイト内の支払い方法に関するページには「デビットカード、海外発行のクレジットカードにつきましては、ご登録いただけない場合があります。」という文言が記載されていることから、ものによってはデビットカードでの支払いも可能であると解釈することができます。

デビットカードはクレジットカードと同じような使い方ができるカードで、

  • 審査 : なし
  • 口座引き落とし : 即時(決済と同時)
  • 限度額 : 銀行口座の残高まで
  • 支払い方法 : 一括払いのみ

といった特徴があります。

特に大事な点は審査がないという点で、このおかげで安定した収入源のない専業主婦・学生はもちろん、絶対にクレジットカードを持てない自己破産者などでもデビットカードを発行すればNifMoと契約できる可能性が極めて高いです。

楽天銀行デビットカードを発行してキャッシュバックを受け取る方法
デビットカードとは?デビットカードとは、クレジットカードのようにお店やネットショップでの支払いに使えるカードのことです。クレジットカードのような後払いとは異...

もし、デビットカードでNifMoと契約できないときは以下のようなデビットカードで契約できる格安SIMを検討してみましょう。

参考 : クレジットカード以外の支払い方法がある格安SIM

なお、固定回線の@niftyを利用している人で、かつ支払い方法に「NTT決済」か「KDDI請求」を選択している人は、それらにNifMoの請求金額をまとめた上で支払いすることが可能です。

まるっと割で月額料金が割引

ネット + スマホ : 200円/月

NifMoを運営しているニフティはインターネット回線のプロバイダです。

NifMoと契約するとき、ニフティが提供している以下の接続サービスを利用中だとNifMoの基本料金から200円/月が割引となります。

  • @nifty光
  • @nifty光 プロバイダーコース
  • @nifty光ライフ with フレッツ
  • @nifty光 with フレッツ
  • @nifty auひかり
  • @nifty コミュファ光
  • @nifty with ドコモ光
  • Bフレッツコース
  • ADSL接続サービス
  • フレッツ・ADSL(スペシャルコース含む)

NifMoはもともと月額料金が平凡(高くもないが安くもない)なのですが200円/月も割引を受けられれば他社の格安SIMよりも有利ですので、既ニフティを利用している人がこれから格安SIMへ乗り換えるのならNifMoはかなりお得だと思います。

もちろん、NifMoへ乗り換えるついでにプロバイダも合わせてニフティに変えてしまうというのも悪くありません。

ネット + スマホ + 電気 : 450円/月

また、ニフティでは電力自由化により新電力事業「@niftyでんき」も手がけています。

先程の「ネット + スマホ」に@niftyでんきを加えて「ネット + スマホ + でんき」の全てをニフティと契約することで、Nifmoの月額料金から450円/月が割引となります。

格安SIMはもともとの月額料金が安いので450円/月は価格破壊とも言える常識外れの割引です。

しかも、@niftyでんきと契約すると毎月の電気代金も今までよりも安くなるというメリットもあります。

NifMoを使うつもりなら、合わせてプロバイダ・電気の両方をニフティに乗り換えてしまうのもアリだと思います。

iPhoneが使える

自分でiPhoneを持ち込めば、NifMoでもiPhoneを使うことができます。

NifMoの回線はドコモの回線なので、

  • ドコモのiPhone(SIMロック解除不要)
  • au・ソフトバンクのiPhone(要SIMロック解除)
  • 最初からSIMフリーのiPhone

を使うことができます。

ドコモの場合はSIMロック解除が不要なので過去に発売された全ての機種を使えます。

au・ソフトバンクはSIMロック解除が必須なので、実質的に6s/6s Plus/7/7Plusの4機種のみの対応となります(2015年5月以前に発売されたiPhoneはSIMロック解除できないため)。

参考 : 格安SIMでiPhoneを約7万円安く使う方法

運営が大手なので安心

NifMoを運営しているのはニフティ株式会社です。

  • 設立年月日 : 1986年2月4日
  • 資本金 : 37億4,677万9,000円(2016年3月31日現在)
  • 従業員数 : 連結:806名、単体:658名(2016年3月31日現在)
  • 上場証券取引所 : 東京証券取引所市場第二部(3828)

インターネットサービスプロバイダ「nifty」が有名ですので、日常的にインターネットを利用している人なら一度くらいは名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

長年に渡ってプロバイダを行っている実績から信頼性は十分ですし、主要事業が

  • ISP事業
  • Webサービス事業
  • クラウド事業

の3つであることから技術力についても全く問題ありません。

また、東証二部へ上場済みではあるものの富士通株式会社の完全子会社という点もニフティ株式会社の信頼性を高めてくれていると思います。

従って、安心・安全な格安SIMを使いたいならNifMoは最適な選択肢のうちの一つであると言えます。

デメリット

通話料金が高い

NifMoでは他社の格安SIMのほとんどに存在する通話料金を半額にすることができるアプリが存在しませんので、通話するときは常に20円/30秒の通話料金がかかってしまいます。

そのため、通話する機会が多い人は通話料がすぐに嵩んでしまって請求金額が大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)と同じくらい高額になる危険性があるため注意が必要です。

誰でも通話料を半額にする方法

そこで、NifMo(ニフモ)を契約するなら誰でも通話料を半額にできる

のどちらかを使うことをおすすめします。

これらは無料登録を行って専用のアプリから発信するだけで常に10円/30秒で通話することが可能な超優良サービスです。

かかるのは通話料だけであり使った分の費用しかかからない(月額料金などの固定費は一切ない)ので、NifMo(ニフモ)を契約したら必ず導入しましょう。

NifMoでんわの「国内かけ放題」は不要

一応、NifMoでは「NifMoでんわ」というアプリをインストールした上で「国内かけ放題」オプションに加入すれば国内通話が時間無制限でかけ放題になります。

NifMo でんわ
NifMo でんわ
開発元:NIFTY Corporation
無料
posted with アプリーチ

しかし、「国内かけ放題」オプションには

  • オプション料金が高額(月額1,300円)
  • 通常の電話ではなくIP電話(050)なので、相手に不信がられやすい
  • IP電話は緊急通報(110や119)できないため、通常の電話の代わりにはならない

といった欠点があるため、全く実用的ではありません。

百歩譲ってIP電話を使いたければ月額基本料金と通話料が安価である以下のようなIP電話サービスを使えば良いだけなので、「国内かけ放題」オプションは不要だと言えます。

050 plus~アプリ間無料通話/携帯・固定への通話も安い
050 plus~アプリ間無料通話/携帯・固定への通話も安い
無料
posted with アプリーチ

LaLa Call~050/IP電話でおトクな通話アプリ
LaLa Call~050/IP電話でおトクな通話アプリ
開発元:K-Opticom
無料
posted with アプリーチ

LINE(ライン) - 無料通話・メールアプリ
LINE(ライン) - 無料通話・メールアプリ
開発元:LINE Corporation
無料
posted with アプリーチ

高速通信のON/OFFができない

他社のほとんどの格安SIMでは、専用のアプリを使って高速通信のON/OFFを任意のタイミングで切り替えられるようになっています。

そのため、動画閲覧中やアプリのダウンロード中・更新中はONにする、LINEでのやりとりの最中はOFFにするなどしてデータ通信の内容によって適切にON/OFFを切り替えることでデータ容量を計画的に運用することができます。

しかし、NifMoには専用アプリ「My NifMo」があるものの、このアプリには高速通信のON/OFFを切り替える機能が付いていません。

My NifMo(旧NifMo コネクト)

My NifMo(旧NifMo コネクト)
開発元:NIFTY Corporation
無料
posted with アプリーチ

つまり、NifMoでは常時高速通信状態であり、その月のデータ容量を使い切ったらそれで終わりです。

以降は低速通信(200kbps)で月末まで過ごさなければなりません。

月末のデータ容量切れを回避するためには、余裕を持って上位プランを契約しておく、自宅に固定回線とWI-Fiを用意する、緻密にデータ容量を運用する、などの対策が必須となります。

NifMoと契約すると街中にある有料Wi-Fiスポットに無料で接続できるようになるので、対策の一環として普段の生活圏にあるWi-Fiスポットを事前に調べておくと良いと思います。

BBモバイルポイントの検索

http://tm.softbank.jp/business/wlan/area_list/

参考 : 高速通信のON/OFFを切り替えられる格安SIM

速度制限が厳しい(1日制限)

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)や他社の格安SIMには直近3日間に一定以上のデータ通信を行うと通信速度が制限されてしまう「3日間制限」がありますが、NifMoの通信速度制限は「1日制限」であり、他社と比較して厳しいものとなっています。

各プランと制限がかかる目安となる通信量の基準は以下の通りで、制限後の通信速度は最大200kbpsとなります。

  • 3GBプラン : 650MB/1日
  • 5GBプラン : 1,500MB/1日
  • 10GBプラン : 2,800MB/1日

どのプランにおいても、たまたま動画を見すぎたり、アプリのダウンロードや更新をまとめて行ったりしただけですぐに到達してしまいそうな通信量が設定されています。

3日間制限なら、たまたま1~2日くらい使いすぎてしまっても翌日から普段通りの通信量に戻れば制限がかかることはあまりないのですが、NifMoは1日ごとに判定されていまうため、注意深く使わないと制限がかかってしまう可能性が非常に高いです。

参考 : 格安SIMごとの速度制限基準の一覧

データ容量追加の選択肢が1つだけ

データ容量が足りなくなったときは追加でデータ容量を購入することができます(データおかわり)が、その際の選択肢は

  • 0.5GB/900円

の1つしかありません。

価格自体は100MB/180円なので他社と比較して特別高いわけではありません(安くもありませんが)。

しかし、例え0.1GB程度の不足であっても必ず0.5GBを購入しなければならないため、使い勝手は非常に悪いと言えます。

そもそも、先述の通り1日で速度制限が行われるNifMoにおいては、データ容量がゼロになるくらい通信している人だと速度制限に引っかかっている可能性が高いため、データ容量を購入したところで低速通信状態が改善されることはありません。

つまり、データ容量が不足する人ほどデータ容量を購入する意味がないという状態に陥りやすいということですので、NifMoのデータ容量追加はその存在意義が疑問です。

ファミリープログラムが微妙

NifMoのファミリープログラムは、

  • 家族でデータ容量を共用できる
  • 家族人数 * 0.5GBを毎月貰える
  • 子供もNifMoを使える(通常は20歳未満は契約不可)
  • 家族分の支払いを1人にまとめることができる
  • それぞれがMNP転入・転出を自由に行える

といったメリットがあるものの、個別の契約を家族としてまとめるだけ(各契約 * 人数の月額料金が必要)であり別に月額料金が安くなることはありませんのでそれほど役に立つプランではありません。

月額料金を安くしたいなら追加SIMが安価で各追加SIMにてMNP転入・転出を行えるBIGLOBE SIMの方がオススメです。

バリュープログラムが微妙

NifMoにはバリュープログラムというサービスがあり、バリュープログラムを介して

  • 食事(外食)
  • ショッピング・旅行の申し込み
  • 無料アプリダウンロード・無料会員登録
  • クレジットカード発行
  • アンケートへの回答

などを行うと、買い物金額の数%分やアンケートの報酬分(2円/1件など)をNifMoの請求金額から割引してもらうことができます。

例えば、

  • 請求金額が3,000円
  • バリュープログラムのショッピングで5,000円の衣服を購入還元率は2%
  • アンケート10件に回答して20円を稼いだ

のような場合は、請求金額から3,000円が120円(= 5,000円 * 2% + 20円)が割引されて実際に支払うのは2,880円となります。

従って、バリュープログラムを活用すればただでさえ安い格安SIMの料金を更に下げることができてしまうのです。

しかし、こちらの記事で紹介している「格安SIM・スマホの月額料金が更に安くなる方法・裏技」の方が圧倒的に有用性が高いですので、バリュープログラムには利用価値が全くありません。

2018/02/07